20代の医師年収の平均は?

20代の医師年収の平均は?

アメリカの20代の医師年収の平均は日本と比較すると、診療科によっても随分違いますが日本よりも数倍も高いのが相場です。これは日本の場合には大学の医学部を卒業して医師国家試験に合格した後に、義務付けられている2年間の研修医制度が多く影響しているためです。日本の初期研修医が学ぶ手技などは、アメリカの場合は「USMLE」と呼ばれる医師資格を取得した時点で学んでいます。そのためアメリカの場合は即戦力として、20代でも稼げる医師がたくさん存在します。

それとアメリカの医師の場合は、医師の診療科によってはっきり収入も違っています。日本の医師の場合も外科医や麻酔科医などは他の診療科と比べると、平均年収も高いのが現実ですが20代の医師の場合はほとんど変わりません。特に初期研修医の時期の2年間は昔の奨励金と呼ばれた時代からすると雲泥の差ですが、それでも平均年収は300万前後と同年代のサラリーマンなどとほとんど変わらないかむしろ少ないぐらいです。

日本の研修医制度はもともとはアメリカのインターンシップを参考にして作られた制度ですが、当初なかなか上手くいかずに新しい臨床研修制度が2004年4月1日からスタートしました。そのため2004年研修医の平均年収は前年の2003年の265万円から、およそ100万円増えて365万円となりました。特に大学附属病院の場合は、前年の204万円から318万円へと大きく増加しました。

しかしこの新しい臨床研修制度もマッチング制度の導入によって、研修医が研修先を自由に選べるようになった結果、過疎地の医師不足が社会問題になりました。さらに都市部でも初期研修医のアルバイトを禁じたために、夜間や休日などの当直を行う医師が少なくなりました。また大学病院の場合などは新しい臨床研修制度ができたことで、研修医の確保が難しくなりました。

2年間の研修医制度を終えると、今度は自分の進むべき進路を決めます。後期研修医として自分の専門の診療科を選択することで、医師としても収入も決まってくるとも言えます。ただ20代は3〜5年の後期研修医の時期は、年収も平均600〜800万円程度です。ただ医師が不足している過疎地などでは後期研修医であっても、1000万円を超える求人募集を目にします。ただ後期研修医の場合は初期研修医とは違い、アルバイトができるために年収も1000万円を超える後期研修医も少なくありません

年収アップできる転職に強い!エージェント人気ランキングはコチラ

  サービス名 利用料 勤務形態 オススメ度 詳細
エムスリーキャリア 無料 常勤 ★★★★ 詳細
<<当サイトがお勧めするポイント>>
20万人以上のドクターが登録している「エムスリーキャリア」が安定した人気で1位に!
■長年に渡る独自調査で積み上げた情報は利用者の満足度が高い。希望の転職先が見つかる。


>>>公式申し込みページへ進む

リクルート
ドクターズキャリア
無料 常勤
アルバイト
★★★★★ 詳細
<<当サイトがお勧めするポイント>>
■転職業界で30年ものキャリアを誇るリクルートグループが運営する「リクルートドクターズ
 キャリア」が利用者の支持を受けて2位に。好条件・高額の医師求人を完全サポート!


>>>公式申し込みページへ進む

医師転職ドットコム 無料 常勤
定期非常勤
★★★★ 詳細
<<当サイトがお勧めするポイント>>
■医師転職ドットコムはアインファーマシーズのグループ会社で東証一部上場企業の株式会社
  メディウェルが運営する医師のための転職支援サイトです。上場企業で信頼が厚いです。


>>>公式申し込みページへ進む

  >> ランキングの続きを見てみる(5位まで)


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2017 医師の年収.jp ※転職で年収アップを叶えよう All Rights Reserved.