30代の医師年収の平均は?

30代の医師年収の平均は?

普通は2年間の研修医制度を終え自分の専門の診療科を決めたあと、後期研修医として3〜5年間は指導医の元でさらなる研修を行います。年齢的にも30代前後で、医師としてもひとつの大きな岐路を迎えます。大学病院で後期研修医として学び、そのまま医局に残る医師もいると思います。その場合の医師としての年収の平均は、民間の病院に勤務する医師と比較すると平均年収もかなり少ないと覚悟した方がいいでしょう。

民間の病院の勤務医の場合は30代の後半で、年収も1000万円の大台に乗る可能性がありますが、大学病院で働く場合は1000万円の大台など諦めたほうがいいでしょう。大学病院で1000万円の大台に乗るのは、大学教授になってやっと1000万円前後の年収です。それに大学病院の場合は医療の現場だけでなく、大学の学生への教育なども大事な仕事になってきます。

大学病院で働く30代の医師の平均年収は、せいぜい400〜600万円程度です。大学病院の勤務医の場合は、講師になってやっと平均年収が700万円〜800万円程度です。さらに努力して助教授になれても、平均年収は800〜900万円程度です。さらに運良く教授になれても大学教授の平均年収は1000万円前後と、民間の病院と比較すると比べものにならないほど低いと言えます。

大学病院で働く30代の医師の平均年収は、同年代のサラリーマンとほとんど変わりません。ただ自分が興味がある研究を行う場としては、やはり大学病院には民間の病院にはないような設備や研究資料が揃っています。逆に言えば年収だけを考えると、民間の病院で働いたほうが割がいいでしょう。民間の病院であれば30代の医師の場合は、後期研修医として研修先の病院で働き、さらなるスキルアップや年収が高い病院などへの転職など、さまざまな選択肢があります。

民間の病院で働く30代の医師の勤務医の年収も、自分の専門の診療科によって違いが出てきます。外科医や麻酔科医などは同じ30代でも、1000万円を超える医師も少なくありません。特に手術を担当する外科医や常勤ではなくフリーランスの立場で働く麻酔科医などは、30代でも平均でも1000〜1500万円程度の年収があります。なかには30代で年収が2000万円以上の医師も存在します。ただ他の診療科場合は30代の医師の平均年収は600〜800万円程度で、30代の後半で年収が1000万円を超えれば良いほうです。

年収アップできる転職に強い!エージェント人気ランキングはコチラ

  サービス名 利用料 勤務形態 オススメ度 詳細
エムスリーキャリア 無料 常勤 ★★★★ 詳細
<<当サイトがお勧めするポイント>>
20万人以上のドクターが登録している「エムスリーキャリア」が安定した人気で1位に!
■長年に渡る独自調査で積み上げた情報は利用者の満足度が高い。希望の転職先が見つかる。


>>>公式申し込みページへ進む

リクルート
ドクターズキャリア
無料 常勤
アルバイト
★★★★★ 詳細
<<当サイトがお勧めするポイント>>
■転職業界で30年ものキャリアを誇るリクルートグループが運営する「リクルートドクターズ
 キャリア」が利用者の支持を受けて2位に。好条件・高額の医師求人を完全サポート!


>>>公式申し込みページへ進む

医師転職ドットコム 無料 常勤
定期非常勤
★★★★ 詳細
<<当サイトがお勧めするポイント>>
■医師転職ドットコムはアインファーマシーズのグループ会社で東証一部上場企業の株式会社
  メディウェルが運営する医師のための転職支援サイトです。上場企業で信頼が厚いです。


>>>公式申し込みページへ進む

  >> ランキングの続きを見てみる(5位まで)


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2017 医師の年収.jp ※転職で年収アップを叶えよう All Rights Reserved.