40代の医師年収の平均は?

40代の医師年収の平均は?

平成22年に厚生労働省から発表された「賃金構造基本統計調査」の医師の平均年収は1141万円でしたが、一般病院の勤務医の場合は年齢が40歳で平均年収がだいたい、1200万円と医師の平均年収とほぼ一緒です。また医師にとっては40代はある意味、大きな節目の年代でもあります。一人前の医師になるには10年は掛かるとも言われていますが、40代になると今度は指導医として後輩の医師の指導を行う立場になります。

また医療の現場の第一線で活躍する一方で、勤務先の病院などで役職に付くのもこの40代という年齢からです。さらに私生活でも医師の場合はどうしても一般の人よりも結婚する年齢が遅くなるので、30代半ばから40歳前後にかけて結婚する医師も少なくありません。40代という年齢は家庭を持ち、子供も生まれ医師としての仕事にあり方も考えさせられる時期でもあります。

後期研修医として3〜5年間を指導医の元で研修を終え30代で転職をする医師が多い一方で、40代は後輩の医師の指導を行ったり勤務先の病院などで医科長や診療部長などの役職に付き始めます。病院の規模にもよりますが年齢的にも43〜45歳前後で、医科長や診療部長などの役職に昇進するのが普通です。医科長や診療部長クラスで、平均年収も1300〜1600万円が相場です。さらに早ければ40代で病院の副医院長になるケースもあります。その場合の年収も病院によっても異なり一概には言えませんがだいたい1500〜1800万円程度の収入があります。

逆に勤務する病院で主流派から外れ冷遇されていると感じ始める40代の医師なども、最近では医師に特化した転職サイトやサービスを利用して転職するケースも増えています。特に過疎地など医師が極端に少ない地域では、年収2,000万円以上の求人もけっして珍しいことでありません。40代での転職の場合には医師としてのキャリアも十分で、働き盛りの年代で受け入れ側も喉から手が出るほど渇望する人材です。

そのため40代の医師のなかには転職で、年収が倍になったとかはよく聞く話です。過疎地のなかでも高齢化が進んでいる北海道や離島の医療施設などでは、驚くほどの破格の条件で医師を探している場合もあります。20代や30代の医師とは違い経験も知識もある40代の医師の需要は、思っている以上に大きいのが現実です。

勤務する病院で医科長や診療部長などの役職に付くのもひとつの生き方ですが、思い切って好条件の求人を行なっている過疎地で働くのもひとつの選択肢であることは間違いありません。また開業も病院経営さえ安定すれば、銀行など金融機関からの借り入れを返済しても、多い場合には年収も2000〜3,000万円も夢ではありません。

年収アップできる転職に強い!エージェント人気ランキングはコチラ

  サービス名 利用料 勤務形態 オススメ度 詳細
エムスリーキャリア 無料 常勤 ★★★★ 詳細
<<当サイトがお勧めするポイント>>
20万人以上のドクターが登録している「エムスリーキャリア」が安定した人気で1位に!
■長年に渡る独自調査で積み上げた情報は利用者の満足度が高い。希望の転職先が見つかる。


>>>公式申し込みページへ進む

リクルート
ドクターズキャリア
無料 常勤
アルバイト
★★★★★ 詳細
<<当サイトがお勧めするポイント>>
■転職業界で30年ものキャリアを誇るリクルートグループが運営する「リクルートドクターズ
 キャリア」が利用者の支持を受けて2位に。好条件・高額の医師求人を完全サポート!


>>>公式申し込みページへ進む

医師転職ドットコム 無料 常勤
定期非常勤
★★★★ 詳細
<<当サイトがお勧めするポイント>>
■医師転職ドットコムはアインファーマシーズのグループ会社で東証一部上場企業の株式会社
  メディウェルが運営する医師のための転職支援サイトです。上場企業で信頼が厚いです。


>>>公式申し込みページへ進む

  >> ランキングの続きを見てみる(5位まで)


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2015 医師の年収.jp ※転職で年収アップを叶えよう All Rights Reserved.