50代の医師年収の平均は?

50代の医師年収の平均は?

統計調査で日本の医師になかで、最も数が多いのが50代の医師です。今50代の医師といえば戦後生まれで、ある意味戦後の日本の医療を支えてきた世代でもあります。また自分で開業する医師で1番多いのがこの50代の医師で、開業医の全体のおよそ3割を占めています。これはひとつには銀行など金融機関からの借り入れを返済するには、50代がリミットと考える医師が多いためです。

50代の医師の場合は自分が勤務する病院の副医院長や医院長になる医師も多く、平均年収も1800〜2000万円前後がだいたいの相場です。ただその分医師本来の仕事だけでなく、管理職としての責任も重く肉体的にも精神的にも1番大変な時期でもあります。また30代や40代の若い医師とは違い、簡単に他の病院などへの転職も難しくなってくる年代です。

医師という職業はある意味、一般のサラリーマンなどとは違い定年がありません。もちろん勤務医の場合にはある程度の定年がありますが、60代や70代で開業する医師さえいます。50代で他の病院などへ転職するのは難しくても、開業医として働くのであれば身体さえ丈夫なら一生医師として仕事ができます。

さらに民間の病院の医院長クラスの平均年収でも2000万円前後が相場ですが、自分で開業して患者数さえ安定すれば病院経営も比較的早めに軌道に乗ります。特に都内を初め都市部で新たに開業するには資金的にも大変ですが、過疎地などで小さな診療所やクリニックでも、患者さんさえ安定していれば病院に勤務していた時より収入も増えます。

ただ病院の開業も都市部で新たに開業するとなると、どんな場所でも開業資金として最低でも1億円は必要になります。医療機材だけでも最新の機器であれば、3000万円や4000万円もするものも珍しくありません。まして病院に勤務していれば自分が給料を貰う立場ですが、開業すれば今度は自分が従業員に給料を支払う立場です。そのために開業には十分な準備が必要です。親が病院を開業していてその病院を引き継ぐのであれば、別に銀行などから借金などする必要もないので、安定した収入が期待できます。

いずれにしても50代という年代は、医師として今後の自分の人生を決める岐路でもあります。収入面だけでなく生きがいとしても定年がない医師という職業は、50代の選択次第ではその後の60代や70代になっても活躍できる数少ない仕事です。

年収アップできる転職に強い!エージェント人気ランキングはコチラ

  サービス名 利用料 勤務形態 オススメ度 詳細
エムスリーキャリア 無料 常勤 ★★★★ 詳細
<<当サイトがお勧めするポイント>>
20万人以上のドクターが登録している「エムスリーキャリア」が安定した人気で1位に!
■長年に渡る独自調査で積み上げた情報は利用者の満足度が高い。希望の転職先が見つかる。


>>>公式申し込みページへ進む

リクルート
ドクターズキャリア
無料 常勤
アルバイト
★★★★★ 詳細
<<当サイトがお勧めするポイント>>
■転職業界で30年ものキャリアを誇るリクルートグループが運営する「リクルートドクターズ
 キャリア」が利用者の支持を受けて2位に。好条件・高額の医師求人を完全サポート!


>>>公式申し込みページへ進む

医師転職ドットコム 無料 常勤
定期非常勤
★★★★ 詳細
<<当サイトがお勧めするポイント>>
■医師転職ドットコムはアインファーマシーズのグループ会社で東証一部上場企業の株式会社
  メディウェルが運営する医師のための転職支援サイトです。上場企業で信頼が厚いです。


>>>公式申し込みページへ進む

  >> ランキングの続きを見てみる(5位まで)


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2017 医師の年収.jp ※転職で年収アップを叶えよう All Rights Reserved.