アメリカの医師の年収

アメリカの医師の年収

現在の日本では、過重労働が社会的な問題として上げられている勤務医。 高齢化社会が進むなか、勤務医の確保が難しくなっているので必然的に過重労働を強いられる事態が起きている。 それだけの激務ですが、日本では医師の平均年収は2004年度では1228万円と日本の職業高給与第2位として、多くの方が医師を目指して勉学に励む姿が見受けられます。

しかし、世の声として「高給取りが過重労働と騒ぎをつけるのは腹立たしい」との意見も存在しているのは事実です。 なぜ、これ程までに日本の勤務医不足の問題が深刻化してきたのか? ある一部の声では、「日本と諸外国との給与を比較した際に大きな違いがあるからでは。」との意見がありました。

医療の先進国であるアメリカでは、日本の医師比べてどれぐらいの違いがあるのか『アメリカ医師の年収』を探ってみました。 2004年度のアメリカの一般医師の給与国際比較を参考としています。 アメリカでは年間平均給与が1,956万円で、週労働時間が51.4Hの時給換算で7,320円。

また、アメリカの専門医師では年間平均給与が 3,162万円で、週労働時間が 54.3Hの時給換算で 11,200円。 日本では年間平均給与が1,228万円で、週労働時間が40.1Hの時給換算で5,882円と一般的に公開されていますが、「第 12回医師の需給に関する検討会資料」では、70.6時間労働となっているので、3,344円という結果です。

以上の結果を踏まえてみてみると、日本の医師給与額はアメリカの医師の年収と比べて高いわけではないという結果が出ました。 特にデータの中で気になる点は、週労働時間と時給換算の大きな違いです。

日本では、先ほどもお伝えしたように1人あたりのが依頼受診数が特に多いにも関わらず、人口当たりの医者の数が少ないことが今回の調査の結果からも浮き出てきました。 現在の日本の医師免許が、海外で使用できる機会は数少なく限られていいますし、海外での医業を成し遂げるには容易ではないです。 ですから、海外に臨床医が次々と流出することは無いですが、基礎研究者として流出する可能性は十分にあるでしょう。

今後、サービスの国際化が進む中、日本の医師給与と国際水準との比較から十分に検討する必要性や、医師不足にならない為の措置が国全体をあげて取り掛かる必要があるでしょう。

しかし、今年から勤務医として働くあなたにとってスグに対策がなされる問題ではありませんよ。 自分の身は自分で守り、自分の夢はしっかりと持って進まなければいけません。

もし、あなたがアメリカ医師の年収に少しでも近い場所で働きたいという思いがあるならば、転職エージェントである人材紹介会社をご利用することをお勧めしています。 医師の転職や就職をあっせんしている専門人材紹介会社は、あなたの希望道理の待遇である病院や医局を代わりとなって探してくれます。 また、面接の段取りやスケジュール調整なども行ってくれるので、働きながらでも転職活動ができます。

人材紹介会社を利用するには、簡単な必要事項を記入するだけで費用は一切かかりません。 アメリカ医師の年収に近づく一歩として、まずは無料登録を行ってください。

年収アップできる転職に強い!エージェント人気ランキングはコチラ

  サービス名 利用料 勤務形態 オススメ度 詳細
エムスリーキャリア 無料 常勤 ★★★★ 詳細
<<当サイトがお勧めするポイント>>
20万人以上のドクターが登録している「エムスリーキャリア」が安定した人気で1位に!
■長年に渡る独自調査で積み上げた情報は利用者の満足度が高い。希望の転職先が見つかる。


>>>公式申し込みページへ進む

リクルート
ドクターズキャリア
無料 常勤
アルバイト
★★★★★ 詳細
<<当サイトがお勧めするポイント>>
■転職業界で30年ものキャリアを誇るリクルートグループが運営する「リクルートドクターズ
 キャリア」が利用者の支持を受けて2位に。好条件・高額の医師求人を完全サポート!


>>>公式申し込みページへ進む

医師転職ドットコム 無料 常勤
定期非常勤
★★★★ 詳細
<<当サイトがお勧めするポイント>>
■医師転職ドットコムはアインファーマシーズのグループ会社で東証一部上場企業の株式会社
  メディウェルが運営する医師のための転職支援サイトです。上場企業で信頼が厚いです。


>>>公式申し込みページへ進む

  >> ランキングの続きを見てみる(5位まで)


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2015 医師の年収.jp ※転職で年収アップを叶えよう All Rights Reserved.