愛知県の医師の年収事情と転職事情

愛知県の医師の年収事情と転職事情

愛知県の医療施設に従事する医師数は、2010年12月31日現在で14,206人で全国で第4位です。さらに愛知県の「医師の人口10万人対医師数」は同年に厚生労働省が発表した国勢調査によれば、191.7人で全国で第36位となっています。つまり愛知県の常勤の医師数は多くても、愛知県全体の人口からするとかなり不足していることを表しています。

愛知県全体の人口ですが総務省統計局が1970年に実施した国勢調査では5,386,163人でしたが、年々増えて2010年の時点で7,408,499人にまで増加しています。特にみよし市や日進市などは2000から2005年の5年間の人口増加率が、それぞれ18.0%と12.0%と驚くような増加率です。その一方で高齢化の問題も深刻で、愛知県の高齢化者人口の増加数は2008年から6年間で32.1万人増加すると推定されます。

この数字のまま高齢化が進むと、2014年には愛知県全体の5人に1人が65歳以上の高齢者になる計算で、愛知県の高齢化の増加率は23.2%です。人口の増加と高齢化が進む愛知県の医師の年収事情と転職事情ですが、医療施設に従事する医師数は東京都の37,552人、大阪府の21,994人、神奈川県の16,997人についで4番目に多いのですが、人口10万人当たりの医師数では京都府が1位で286.2人、東京都が285.4人で2位、徳島県が 283.0人が3位なのに対して愛知県の場合は36位とかなり医師が不足しています。

特に深刻なのが小児科医と産婦人科医の不足です。愛知県では人口が増加していて、産婦人科の分娩対応休止や分娩数制限、さらに時間外救急患者の受け入れ制限などの診療制限をしている病院が増えています。愛知県の調査でも医師不足のため診療制限をしている病院が2011年6月末時点で去年より1病院増え、過去最多の72病院になったことが判明しました。小児科でも全体の13.9%に相当する17病院で、診療制限が行われいました。また産婦人科においては全体のに相当する26.9%の18病院で診療制限が行われいました。

ただ名古屋市に関して言及するならば病院数も多く医師数も他の愛知県の市と比較すると多いので、医師の求人情報は多いのですが競争はかなり激しいといえます。好条件の求人情報があっても、あっという間に募集が締め切られてしまいます。ただ愛知県内でも過疎地では医師不足のため、破格の条件で医師を求めている病院や医療機関もあります。

年収アップできる転職に強い!エージェント人気ランキングはコチラ

  サービス名 利用料 勤務形態 オススメ度 詳細
エムスリーキャリア 無料 常勤 ★★★★ 詳細
<<当サイトがお勧めするポイント>>
20万人以上のドクターが登録している「エムスリーキャリア」が安定した人気で1位に!
■長年に渡る独自調査で積み上げた情報は利用者の満足度が高い。希望の転職先が見つかる。


>>>公式申し込みページへ進む

リクルート
ドクターズキャリア
無料 常勤
アルバイト
★★★★★ 詳細
<<当サイトがお勧めするポイント>>
■転職業界で30年ものキャリアを誇るリクルートグループが運営する「リクルートドクターズ
 キャリア」が利用者の支持を受けて2位に。好条件・高額の医師求人を完全サポート!


>>>公式申し込みページへ進む

医師転職ドットコム 無料 常勤
定期非常勤
★★★★ 詳細
<<当サイトがお勧めするポイント>>
■医師転職ドットコムはアインファーマシーズのグループ会社で東証一部上場企業の株式会社
  メディウェルが運営する医師のための転職支援サイトです。上場企業で信頼が厚いです。


>>>公式申し込みページへ進む

  >> ランキングの続きを見てみる(5位まで)


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2017 医師の年収.jp ※転職で年収アップを叶えよう All Rights Reserved.