千葉県の医師の年収事情と転職事情

千葉県の医師の年収事情と転職事情

厚生労働省が発表した国勢調査によれば2010年12月31日時点の千葉県の届出医師数は8426人で、前回2008年の国勢調査に比べると3.5%、人数にすると286人増加しています。また2010年度の人口10万対医師数は142.2人で、前回に比べると3.9人増加しています。一見すると千葉県の医師の人数は増加しているように思えますが、実は2006年度の千葉県の届出医師数は9662人でした。

医師不足が叫ばれている日本ですが、埼玉県や茨城県や千葉県の医師不足はかなり深刻です。この3県の人口10万対医師数はトップの京都や東京都の半分以下という悲惨なレベルで、患者1000人あたりの医師数でも最低レベルです。さらに医師不足数に加えて、県内格差でも千葉県と茨城県は全国平均より大きく、この2つの県には平均値以上に深刻な医師不足地域があることが分かります。

このままいけば将来千葉県に医療過疎エリアが誕生することは確実で、医療崩壊の先進地とも呼ばれている千葉県の医師不足は想像以上に深刻です。千葉県では医育教育機関入学定員を増やすことが、最も有効な解決策のひとつだと言われています。これは現在千葉県の人口は620万人ですが、医学部はたったひとつしかありません。

人口10万人あたりの医学部入学定員数を見てみると全国平均は6.9人ですが、東京都は11.1人で医学部が2校ある栃木県の場合は11.3人なのに対して、茨城県が3.7人で千葉県は1.9人で埼玉県は最低で1.6人となっています。さらに千葉県の場合は全国の他の都道府県の医学部入学者に占める地元県内高校出身者はここ5年で増加傾向にもかかわらず、千葉県では逆に減っています。

さらに全国の医学部卒業生の地元定着率も最近では改善されているのですが、千葉県では80%近くから50%まで下がっています。つまり千葉県では地元の学生は千葉大学に入学せず、卒業生も県外に出てしまう最悪のパターンです。医師不足が深刻な千葉県ですが、埼玉県と同様に患者の数は逆に増え続けています。このままいけば千葉県・埼玉県・茨城県の3県は全国でも、他の県を大きく上回る医師不足になると予測されています。

千葉県の医師の年収事情と転職事情ですが、医師不足が深刻なこともありほとんどの病院で当直ありの求人内容です。診療科も内科・産婦人科・小児科・精神科・眼科・耳鼻咽喉科・皮膚科・リハビリテーション科など、全般に渡っています。千葉県の医師の求人情報は、埼玉県と同様にとても豊富です。

年収アップできる転職に強い!エージェント人気ランキングはコチラ

  サービス名 利用料 勤務形態 オススメ度 詳細
エムスリーキャリア 無料 常勤 ★★★★ 詳細
<<当サイトがお勧めするポイント>>
20万人以上のドクターが登録している「エムスリーキャリア」が安定した人気で1位に!
■長年に渡る独自調査で積み上げた情報は利用者の満足度が高い。希望の転職先が見つかる。


>>>公式申し込みページへ進む

リクルート
ドクターズキャリア
無料 常勤
アルバイト
★★★★★ 詳細
<<当サイトがお勧めするポイント>>
■転職業界で30年ものキャリアを誇るリクルートグループが運営する「リクルートドクターズ
 キャリア」が利用者の支持を受けて2位に。好条件・高額の医師求人を完全サポート!


>>>公式申し込みページへ進む

医師転職ドットコム 無料 常勤
定期非常勤
★★★★ 詳細
<<当サイトがお勧めするポイント>>
■医師転職ドットコムはアインファーマシーズのグループ会社で東証一部上場企業の株式会社
  メディウェルが運営する医師のための転職支援サイトです。上場企業で信頼が厚いです。


>>>公式申し込みページへ進む

  >> ランキングの続きを見てみる(5位まで)


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2017 医師の年収.jp ※転職で年収アップを叶えよう All Rights Reserved.