岐阜県の医師の年収事情と転職事情

岐阜県の医師の年収事情と転職事情

2010年12月31日時点の岐阜県の現役医師数は3,933人ですが、岐阜県の人口10万対医師数は189.00人で全国で38番目です。全国平均が218.99人なので、全国平均より少ない状況だと言えます。岐阜県には岐阜大学に医学部医学科と医学部看護学科があり、朝日大学には歯学部があります。また大学病院としては、岐阜大学医学部附属病院があります。

岐阜大学医学部附属病院では平成25年度の初期研修医と後期研修医の臨床研修医募集を行なっています。岐阜大学医学部附属病院での後期研修医は病院長直属での研修になります。病院長直属の後期研修医は外科専門医育成プログラムで、将来岐阜大学病院で外科専門医を目指す初期研修医向けのプログラムで、初期研修を終え岐阜大学第一外科,第二外科のどちらに入局するか迷っている初期研修医の方々のために,岐阜大学病院では23年度から新たな後期研修プログラムを作成しています。

即入局するのではなく病院長直属で、卒後臨床研修センターの第一外科・第二外科の共同でのキャリアプログラムで、外科専門医を目指す後期研修を行うことができます。また岐阜大学医学部附属病院では平成25年度の初期研修医の各診療科別の研修の他にも、歯科研修プログラムの初期研修医の募集も行なっています。

臨床研修の特徴ですが日本で1番先進的IT病院である岐阜大学医学部附属病院は、未来型病院であるインテリジェントホスピタルで最新の情報システムの医療活用をマスターできます。2年間大学病院で研修する単独コースと、大学病院と協力型病院の2つの施設で研修するたすきがけコースがあります。さらに各診療科プログラムでは協力型病院での短期研修を含め、コース選択には柔軟性があります。

岐阜県の医師の年収事情と転職事情ですが、医師に特化した転職サイトを調べてみると、岐阜県の医師の求人案件はどのサイトもだいたい、100〜120件前後が常時掲載されています。傾向としては他県よりも、スポットなどの非常勤の求人案件も多く見られます。診察科も小児科や産婦人科などは医師が不足しているのか、比較的好条件の求人案件があります。

たとえば産婦人科での求人案件のなかには当直なしで、 週に4〜4.5日の勤務で外来数が1日に平均20〜30名で、分娩とオンコールありの条件で年収が1800万円という求人案件もあります。その他にも2012年の10月開設予定の病院では内科クリニック院長を募集していて、この求人案件の年収は1600万円 〜 2500万円です。

年収アップできる転職に強い!エージェント人気ランキングはコチラ

  サービス名 利用料 勤務形態 オススメ度 詳細
エムスリーキャリア 無料 常勤 ★★★★ 詳細
<<当サイトがお勧めするポイント>>
20万人以上のドクターが登録している「エムスリーキャリア」が安定した人気で1位に!
■長年に渡る独自調査で積み上げた情報は利用者の満足度が高い。希望の転職先が見つかる。


>>>公式申し込みページへ進む

リクルート
ドクターズキャリア
無料 常勤
アルバイト
★★★★★ 詳細
<<当サイトがお勧めするポイント>>
■転職業界で30年ものキャリアを誇るリクルートグループが運営する「リクルートドクターズ
 キャリア」が利用者の支持を受けて2位に。好条件・高額の医師求人を完全サポート!


>>>公式申し込みページへ進む

医師転職ドットコム 無料 常勤
定期非常勤
★★★★ 詳細
<<当サイトがお勧めするポイント>>
■医師転職ドットコムはアインファーマシーズのグループ会社で東証一部上場企業の株式会社
  メディウェルが運営する医師のための転職支援サイトです。上場企業で信頼が厚いです。


>>>公式申し込みページへ進む

  >> ランキングの続きを見てみる(5位まで)


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2017 医師の年収.jp ※転職で年収アップを叶えよう All Rights Reserved.