群馬県の医師の年収事情と転職事情

群馬県の医師の年収事情と転職事情

2010年12月31日時点の群馬県の現役医師数は4,145人ですが、群馬県の人口10万対医師数は206.42人で全国で30番目です。群馬県では医師不足を解消するためのさまざまな対策が取られてきましたが、群馬県の2006年の人口10万対医師数が199.2人で、その2年後の2008年には200.1人で、2010年も僅かに6.32人の増加にとどまっています。この医師数の伸び率は全国的に見てもワーストです。

群馬県には群馬大学に医学部医学科と医学部保健学科があります。また大学病院としては、群馬大学医学部附属病院草津分院と群馬大学医学部附属病院の2つの病院があります。群馬大学医学部附属病院では、平成25年度の初期臨床研修医と後期研修医の募集を行なっています。群馬大学初期臨床研修プログラムの特徴は、大学病院の充実した施設や設備を使い、最新の知見に基づいた指導が受けられることです。

2006年にスタートした群馬大学医学部附属病院のシニアレジデント制度は、初期臨床研修を修了して専門医の取得を目指すプログラムで、充実した関連病院及び連携大学病院と連携して、各専門領域の学会認定専門医を取得します。このシニアレジデント制度の特徴は、実力ある協力型病院や施設との連携によりcommon diseaseなどにも幅広く触れるチャンスがあることです。

また群馬県では他県と同様に医師の転職をサポートするドクターバンクの設立や、子育てなどで離職した女性医師の支援なども行つています。さらに群馬県には医師確保のための、修学研修資金貸与制度もあります。この制度は県内の医師不足に悩む病院の小児科・産婦人科・麻酔科・救急科等に将来従事する意欲のある大学院生又は研修医に対して、修学又は研修に要する資金を貸与するというものです。

資金を貸与した後に群馬県が別に定める県内の公立病院等で卒業後に決められた1定期間、小児科医・産婦人科医・麻酔科医・救急医・総合医として勤務すれば貸与された資金の返済が免除されます。さらに群馬県では2009年10月から、これまで子どもたちが安心して必要な医療が受けられるように、医療費の一部負担金を県と市町村で負担する制度が設けられていたのですが、この制度の対象を中学校卒業までに引き上げました。

群馬県の医師の年収事情と転職事情ですが医師に特化した転職サイトを調べてみると、求人案件数は平均100〜130件前後です。特徴は診察科によっても年収に幅がありますが、1200万円 〜 2000万円とかなり好条件の案件が見られることです。

年収アップできる転職に強い!エージェント人気ランキングはコチラ

  サービス名 利用料 勤務形態 オススメ度 詳細
エムスリーキャリア 無料 常勤 ★★★★ 詳細
<<当サイトがお勧めするポイント>>
20万人以上のドクターが登録している「エムスリーキャリア」が安定した人気で1位に!
■長年に渡る独自調査で積み上げた情報は利用者の満足度が高い。希望の転職先が見つかる。


>>>公式申し込みページへ進む

リクルート
ドクターズキャリア
無料 常勤
アルバイト
★★★★★ 詳細
<<当サイトがお勧めするポイント>>
■転職業界で30年ものキャリアを誇るリクルートグループが運営する「リクルートドクターズ
 キャリア」が利用者の支持を受けて2位に。好条件・高額の医師求人を完全サポート!


>>>公式申し込みページへ進む

医師転職ドットコム 無料 常勤
定期非常勤
★★★★ 詳細
<<当サイトがお勧めするポイント>>
■医師転職ドットコムはアインファーマシーズのグループ会社で東証一部上場企業の株式会社
  メディウェルが運営する医師のための転職支援サイトです。上場企業で信頼が厚いです。


>>>公式申し込みページへ進む

  >> ランキングの続きを見てみる(5位まで)


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2017 医師の年収.jp ※転職で年収アップを叶えよう All Rights Reserved.