広島県の医師の年収事情と転職事情

広島県の医師の年収事情と転職事情

厚生労働省が発表した国勢調査によれば2010年12月31日時点の広島県の届出医師数は6,748人で、2010年度の人口10万対医師数は235.86人で、全国平均より多い18番目でした。統計上は広島県は医師が足りているようにも思えますが、ひとつには広島県には広島大学に医学部医学科・医学部保健学科・歯学部歯学科・歯学部口腔保険学科があり、大学病院も広島大学病院があり奨学金制度や研修生の受け入れプログラムの充実があるようです。

広島大学病院では初期研修を終えた後期研修医に向けた、専門医育成プログラムが用意されています。広島大学病院の後期研修の特徴は、豊富なスタッフによる指導と大学病院が所有する最新医療が体験可能で、最先端の医療技術を習得ができることです。各診療科とも綿密なプログラムが組まれていて、大学病院連携型高度医療人養成事業に採択された山陽路・高度医療人養成プログラムで、平成21年度は連携大学病院間での相互交流研修・ハワイ大学専門医研修指導広島セミナー・シミュレーショントレーニングセンターでの研修等を実施するなど、若手医師にとって魅力あるキャリア形成システムが構築されています。

広島県の医師の年収事情と転職事情ですが、比較的医師が足りているためか、医師に特化した転職サイトの求人情報もそれほど多くありません。ほとんどの医師の転職サイトの求人情報の案件は180〜200件前後です。また他県では比較的好条件の麻酔科でも、年収900万円程度とさほど高くありません。外来オペを行う眼科でも年収は800万円〜1000万円程度ですから、平均的な年収だと言えます。

それでも循環器内科や一般内科などの診察科では1200万円〜1400万円前後の求人案件が多いようです。手術を行う一般外科はやはり他の診察科と比較すると高めの求人案件が多く、年収も1400万円〜1600万円と若干高めの求人案件です。ただ救急の指定をとっている病院の場合は、同じ外科でも年収はアップします。

また広島県も他県と同様に高齢化が急速に進んでいて、病床数が100床前後の老健施設やリハビリセンターの求人案件も見られます。年収もだいたい1000万円〜1200万円前後が多いようです。ただ勤務時間も08:30〜17:30で当直もなく、日曜日や祝祭日は休みのところが多いので勤務自体はラクだと思われます。勤務時間が不規則で、当直が有っても年収が高い病院を選ぶかは選択が分かれるところです。

年収アップできる転職に強い!エージェント人気ランキングはコチラ

  サービス名 利用料 勤務形態 オススメ度 詳細
エムスリーキャリア 無料 常勤 ★★★★ 詳細
<<当サイトがお勧めするポイント>>
20万人以上のドクターが登録している「エムスリーキャリア」が安定した人気で1位に!
■長年に渡る独自調査で積み上げた情報は利用者の満足度が高い。希望の転職先が見つかる。


>>>公式申し込みページへ進む

リクルート
ドクターズキャリア
無料 常勤
アルバイト
★★★★★ 詳細
<<当サイトがお勧めするポイント>>
■転職業界で30年ものキャリアを誇るリクルートグループが運営する「リクルートドクターズ
 キャリア」が利用者の支持を受けて2位に。好条件・高額の医師求人を完全サポート!


>>>公式申し込みページへ進む

医師転職ドットコム 無料 常勤
定期非常勤
★★★★ 詳細
<<当サイトがお勧めするポイント>>
■医師転職ドットコムはアインファーマシーズのグループ会社で東証一部上場企業の株式会社
  メディウェルが運営する医師のための転職支援サイトです。上場企業で信頼が厚いです。


>>>公式申し込みページへ進む

  >> ランキングの続きを見てみる(5位まで)


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2017 医師の年収.jp ※転職で年収アップを叶えよう All Rights Reserved.