兵庫県の医師の年収事情と転職事情

兵庫県の医師の年収事情と転職事情

厚生労働省が発表した国勢調査によれば2010年12月31日時点の兵庫県の届出医師数は 12,641人で、前回2008年の国勢調査に比べると328人増加しています。また2010年度の人口10万対医師数は209.2人です。この209.2人という数字は全国平均値より下回っていて、兵庫県も埼玉県や茨城県や千葉県などと同様に医師不足の都道府県のひとつと言えます。

兵庫県では最近新聞などで、救急医療の際のたらい回しが問題になっています。そのせいなのか兵庫県では他の都道府県に比べると、救急医療に関する医師の求人情報が多いのが特徴です。特に兵庫県の東播磨地域では救急医療体制については、大きく分けて1次・2次・3次及び救急告示病院の役割区分に分かれて機能しています。

兵庫県の場合は重症対応の2次救急医療施設に関しても病院群輪番制と呼ばれる、地域の病院がグループを作り輪番制で休日・夜間に重症救急患者を受け入れて入院治療を行っています。この病院群輪番制は原則として、初期救急医療施設からの転送患者を受け入れる2次救急医療施設です。さらに兵庫県では神戸市などの都市部と人口が少ない地方の格差が社会問題にもなっています。

神戸市には神戸大学病院と神戸市立病院の2つの病院以外にも、大きな私立病院がたくさんあります。この神戸大学病院と神戸市立病院は求人広告もよく見かけますが、とにかくレベルが高いのでなかなか採用されるのは難しいようです。とにかく三ノ宮エリアは転職したい医師も多いのですが採用の基準がとても高く、医師に特化した転職サイトでも人気の求人情報です。

しかし兵庫県の神戸市でも救急医療に携わることができる医師の方であれば、思わぬ好条件の求人情報も転職サイトにはあるようです。ただどうしても救急医療の場合は24時間呼び出しや救急患者に対応するため、独身の医師であればともかく家庭がある医師の場合は転職もなかなか難しい面もあります。 それでも兵庫県の過疎地の医師不足は深刻で、好条件での転職求人情報も多いようです。

兵庫県では全国に比べて、救急医療に対応するための医師の求人が多く出される傾向にあります。家庭の事情などがあればなかなか救急医療に関わることが難しいかもしれませんが、救急医療に携わることができる医師の方にとっては好条件で転職できるチャンスがあります。

もし人口150万人の神戸市に転職を希望されるのであれば、外科医や産婦人科であれば採用の可能性が高いと言えます。ただ神戸市の医療機関は総じて、若手の医師でもかなりの医療技術や知識を持っています。しかしその一方で神戸市の多くの病院には、時間を掛けて若手の医師を育てていく余裕がないのも事実です。キャリアアップや経験を積む場としてはいいかもしれません。

年収アップできる転職に強い!エージェント人気ランキングはコチラ

  サービス名 利用料 勤務形態 オススメ度 詳細
エムスリーキャリア 無料 常勤 ★★★★ 詳細
<<当サイトがお勧めするポイント>>
20万人以上のドクターが登録している「エムスリーキャリア」が安定した人気で1位に!
■長年に渡る独自調査で積み上げた情報は利用者の満足度が高い。希望の転職先が見つかる。


>>>公式申し込みページへ進む

リクルート
ドクターズキャリア
無料 常勤
アルバイト
★★★★★ 詳細
<<当サイトがお勧めするポイント>>
■転職業界で30年ものキャリアを誇るリクルートグループが運営する「リクルートドクターズ
 キャリア」が利用者の支持を受けて2位に。好条件・高額の医師求人を完全サポート!


>>>公式申し込みページへ進む

医師転職ドットコム 無料 常勤
定期非常勤
★★★★ 詳細
<<当サイトがお勧めするポイント>>
■医師転職ドットコムはアインファーマシーズのグループ会社で東証一部上場企業の株式会社
  メディウェルが運営する医師のための転職支援サイトです。上場企業で信頼が厚いです。


>>>公式申し込みページへ進む

  >> ランキングの続きを見てみる(5位まで)


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2017 医師の年収.jp ※転職で年収アップを叶えよう All Rights Reserved.