茨城県の医師の年収事情と転職事情

茨城県の医師の年収事情と転職事情

厚生労働省が発表した国勢調査によれば2010年12月31日時点の茨城県の届出医師数は4,691人で、2010年度の人口10万対医師数は157.95人で、最下位の埼玉県に次いで下から2番目でした。これは人口10万対医師数が京都に次いで2番目に多い、東京都の285.37人の約55%という数字です。埼玉県をはじめ茨城県・千葉県・神奈川県と、東京都に隣接する県での医師数の少なさが目立ちます。

埼玉県・茨城県・千葉県・神奈川県と医師数の少なさが目立ち県の共通点は、医学部を持つ大学が少ないことです。茨城県にも筑波大学附属病院と東京医科大学霞ヶ浦病院の2つの大学病院はありますが、医学部を持つ大学は筑波大学だけです。今年の9月に新病棟が完成する筑波大学附属病院ですが、新規の医師の募集は行なっていません。

ただ初期研修医と後期専門研修医の募集は随時行なっているようで、平成25年度の初期研修医の募集人員は86名で、内訳は一般が82名で小児科特別が2名で産科特別が2名です。初期研修医の研修内容は、スーパーローテーション方式による研修を行っています。また後期専門研修医の募集人員は80名で養成コースは、内科であれば消化器内科・循環器内科・呼吸器内科・腎臓内科・内分泌代謝・糖尿病内科・神経内科・膠原病リウマチアレルギー内科・血液内科・感染症内科などです。

外科は消化器外科・心臓血管外科・呼吸器外科・乳腺・甲状腺・内分泌外科・小児外科で、その他の診療科も充実しています。後期専門研修医の研修内容は養成コース毎に異なるので、もし興味がある方は筑波大学附属病院の「総合臨床教育センターホームページ」を参照して下さい。後期専門研修医の給与ですが、平成23年度実績に基づき支給されます。ちなみに平成23年度は日給が13,000円で、夜間等診療手当が20,000円/回で医員手当が15,000円/月で、後期専門研修医の平均月収はおよそ35万円でした。

茨城県の医師の年収事情と転職事情ですが、茨城県地域医療支援センターのホームページで見てみると、平成24年7月1日現在で67病院で306名の医師の求人情報が掲載されています。1番多いのが総合内科の71名で、産婦人科の20名・小児科の18名・精神科の15名と続いています。 医師の求人情報のなかでも1番多い総合内科も、水戸保健医療圏の18名が最大でした。

年収アップできる転職に強い!エージェント人気ランキングはコチラ

  サービス名 利用料 勤務形態 オススメ度 詳細
エムスリーキャリア 無料 常勤 ★★★★ 詳細
<<当サイトがお勧めするポイント>>
20万人以上のドクターが登録している「エムスリーキャリア」が安定した人気で1位に!
■長年に渡る独自調査で積み上げた情報は利用者の満足度が高い。希望の転職先が見つかる。


>>>公式申し込みページへ進む

リクルート
ドクターズキャリア
無料 常勤
アルバイト
★★★★★ 詳細
<<当サイトがお勧めするポイント>>
■転職業界で30年ものキャリアを誇るリクルートグループが運営する「リクルートドクターズ
 キャリア」が利用者の支持を受けて2位に。好条件・高額の医師求人を完全サポート!


>>>公式申し込みページへ進む

医師転職ドットコム 無料 常勤
定期非常勤
★★★★ 詳細
<<当サイトがお勧めするポイント>>
■医師転職ドットコムはアインファーマシーズのグループ会社で東証一部上場企業の株式会社
  メディウェルが運営する医師のための転職支援サイトです。上場企業で信頼が厚いです。


>>>公式申し込みページへ進む

  >> ランキングの続きを見てみる(5位まで)


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2017 医師の年収.jp ※転職で年収アップを叶えよう All Rights Reserved.