宮城県の医師の年収事情と転職事情

宮城県の医師の年収事情と転職事情

2010年12月31日時点の宮城県の現役医師数は4,940人ですが、宮城県の人口10万対医師数は210.39人で全国で28番目です。全国平均が218.99人なので、全国平均とはあまり変わりません。ただ宮城県は2011年3月11日に発生した東日本大震災の地震と津波で、医師のなかにも犠牲者が出ています。

2012年6月20日現在でこの東日本大震災の地震と津波による死者は15,863人で、重軽傷者は6,108人です。死者15,863人のおよそ約6割が、宮城県民が亡くなっています。重軽傷者も約7割が宮城県民でした。いまでも開業できない個人病院や、医療機関も多いのが現状です。特に宮城県の場合は沿岸部を中心に甚大な被害を受け、阪神淡路大震災を上回る死者を出しました。石巻市では4,000人近い死者や行方不明者が出て、その他にも名取市などでも1000人前後の死者を出しています。

さて宮城県の医療環境ですが宮城県には東北大学に医学部医学科・医学部保健学科・歯学部があり、大学病院としては東北大学医学部附属病院があります。東北大学医学部附属病院では、腎・高血圧・内分泌科の医師の募集を行なっています。業務内容ですが、腹膜透析・在宅血液透析など医療の慢性腎不全患者に対する診療及び研究に、東北大学病院と開業医や地域病院の医療連携を確立するための地域スタッフへの教育や指導や、腹膜透析及び在宅血液透析導入後の往診などです。勤務地は東北大学病院の腎・高血圧・内分泌科で募集人数は若干名で、応募は随時行なっています。

宮城県の医師の年収事情と転職事情ですが、医師に特化した転職サイトを調べてみると宮城県の医師の求人案件はだいたいどのサイトも常時80〜100件前後が掲載されています。なかには来年完成予定の病院の求人案件なども見られます。診療科も外科・整形外科・内科・消化器科・胃腸科・形成外科・神経内科・麻酔科・リウマチ科・リハビリテーション科・精神科・歯科・眼科など、ほぼすべての診療科において求人案件が出ています。

たとえば2013年6月完成予定の老健施設では施設長や常勤の勤務医を募集していて、募集科目は一般内科と老人内科で年収は1500万円〜1800万円です。勤務内容としては100床の入所者と30床程度が予定されている短期入所者の健康管理です。ただ患者さんが急変した場合にはオンコールがあります。この他にも2012年の8〜9月に完成予定の120床の老健施設にて施設管理の求人案件は、募集科目は老人内科と 一般内科で年収は1200万円です。

年収アップできる転職に強い!エージェント人気ランキングはコチラ

  サービス名 利用料 勤務形態 オススメ度 詳細
エムスリーキャリア 無料 常勤 ★★★★ 詳細
<<当サイトがお勧めするポイント>>
20万人以上のドクターが登録している「エムスリーキャリア」が安定した人気で1位に!
■長年に渡る独自調査で積み上げた情報は利用者の満足度が高い。希望の転職先が見つかる。


>>>公式申し込みページへ進む

リクルート
ドクターズキャリア
無料 常勤
アルバイト
★★★★★ 詳細
<<当サイトがお勧めするポイント>>
■転職業界で30年ものキャリアを誇るリクルートグループが運営する「リクルートドクターズ
 キャリア」が利用者の支持を受けて2位に。好条件・高額の医師求人を完全サポート!


>>>公式申し込みページへ進む

医師転職ドットコム 無料 常勤
定期非常勤
★★★★ 詳細
<<当サイトがお勧めするポイント>>
■医師転職ドットコムはアインファーマシーズのグループ会社で東証一部上場企業の株式会社
  メディウェルが運営する医師のための転職支援サイトです。上場企業で信頼が厚いです。


>>>公式申し込みページへ進む

  >> ランキングの続きを見てみる(5位まで)


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2017 医師の年収.jp ※転職で年収アップを叶えよう All Rights Reserved.