沖縄県の医師の年収事情と転職事情

沖縄県の医師の年収事情と転職事情

2010年12月31日時点の沖縄県の現役医師数は3,171人ですが、沖縄県の人口10万対医師数は227.64人で全国で21番目で、全国平均とあまり変わらない数字です。また全国的には深刻な産婦人科医不足に悩んでいますが、産婦人科医に関しては現役医師数は147人で、人口10万対医師数は20.73人で東京都の23.45人に次いで全国2位です。さらに産婦人科医師比率も4.49%で全国で3番目です。

沖縄県には琉球大学に医学部医学科と医学部保険学科があり、さらに大学病院としては琉球大学医学部附属病院があります。琉球大学医学部附属病院では、積極的に初期研修医と後期研修医の受け入れを行なっています。琉球大学病院の初期研修プログラム「てぃだ」の特徴ですが、基本必修科研修が10ヵ月の内訳が内科6ヵ月・救急3ヵ月・2年目で行う地域医療研修1ヵ月・選択必修科研修3ヵ月・選択科研修11ヵ月で、選択必修科研修3ヵ月は外科・麻酔科・産婦人科・小児科・精神科のうち2診療科以上を選択して研修を行います。

ただこの初期研修プログラムも研修医の希望により調整し、3年目以降の進路を考慮し研修を行うことが出来る柔軟性のあるプログラムです。後期研修医の専門研修プログラムも専門医を効率よく育成するのみならず、臨床研究を行うことができる医師を育成し質の高い地域内完結医療を行うことを目的としています。高度な技術と専門知識を有しかつ医学教育技術のトレーニングを受けた多くの若手スタッフらとともに、プライマリ・ケアを基礎に踏まえた更なる高次の最新の医学知識と医療技術の修得を目指した専門研修を行います。

平均寿命が全国で最も高い沖縄県の医療事情ですが、沖縄県の医療事情は少し特殊で戦後アメリカの支配下にあり、プライマリケアや救急医療に関してはアメリカの医療システムから多くのことを学んでいます。そのため全国から多くの初期研修医が集まる一方で、沖縄県は鹿児島県や長崎県と同様に多くの離島を抱え高齢化が進んでいます。また沖縄県の場合は本土から離れていることから、医療システムの構築が必要不可にも関わらず専門医不足は深刻です。

沖縄県の医師の年収事情と転職事情ですが医師に特化した転職サイトを調べてみると、沖縄県の医師の求人案件はだいたいどのサイトも100〜150件前後と、比較的多くの掲載が出ています。特徴としては他県と比較すると診療科に関係なく、年収が800万円〜という求人案件が多く見られます。なかにはリハビリテーション科で年収が600万円〜1800万円など、他県ではあまり見られないような求人案件もあります。

年収アップできる転職に強い!エージェント人気ランキングはコチラ

  サービス名 利用料 勤務形態 オススメ度 詳細
エムスリーキャリア 無料 常勤 ★★★★ 詳細
<<当サイトがお勧めするポイント>>
20万人以上のドクターが登録している「エムスリーキャリア」が安定した人気で1位に!
■長年に渡る独自調査で積み上げた情報は利用者の満足度が高い。希望の転職先が見つかる。


>>>公式申し込みページへ進む

リクルート
ドクターズキャリア
無料 常勤
アルバイト
★★★★★ 詳細
<<当サイトがお勧めするポイント>>
■転職業界で30年ものキャリアを誇るリクルートグループが運営する「リクルートドクターズ
 キャリア」が利用者の支持を受けて2位に。好条件・高額の医師求人を完全サポート!


>>>公式申し込みページへ進む

医師転職ドットコム 無料 常勤
定期非常勤
★★★★ 詳細
<<当サイトがお勧めするポイント>>
■医師転職ドットコムはアインファーマシーズのグループ会社で東証一部上場企業の株式会社
  メディウェルが運営する医師のための転職支援サイトです。上場企業で信頼が厚いです。


>>>公式申し込みページへ進む

  >> ランキングの続きを見てみる(5位まで)


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2017 医師の年収.jp ※転職で年収アップを叶えよう All Rights Reserved.