大阪府の医師の年収事情と転職事情

大阪府の医師の年収事情と転職事情

大阪府の「医師の人口10万人対医師数」は2010年に厚生労働省が発表した国勢調査によれば、大阪府は260.7人でした。東京都の場合が265.5人ですから、ほとんど東京都と同じです。つまり東京都と同様に大阪府では、人口の割合に対して医師の数が多いことを示しています。大阪といえば前大阪府知事で現大阪維新の会の代表でもある橋下徹大阪市長が、次期衆院選に向けた「維新八策」を発表し注目を浴びています。

大阪府では大阪府出身である福沢諭吉らの尽力で、戦前にすでに4つの医学校や医専が作られています。現在でも大阪府には大阪大学・大阪市立大学・大阪医科大学・近畿大学・関西医科大学の5つの医学部があり、他の地域と比較すると昔から大阪府から多くの医師が輩出されています。大阪府の医学校の創立者には吉津度など個性的な人物が多いのが特徴です。

政友会のボスであった大阪医科大学の創立者である吉津度は、敬けんなクリスチャンで「医学のうんおうを究めることも大切だが実用的な医師の養成は国家の急務」と、大正15年10月1日に当時の文部大臣岡田良平に財団法人大阪高等医学専門学校設立の許可願書を提出し、昭和2年2月28日に認可されました。吉津度は大阪市会議員から大阪府会議長を経て、衆議院議員まで上り詰めた人文で、大阪細菌研究所附属病院の院長でありました。

また大阪府の医学校のや医専は、昔から京都大学とのつながりが強いことでも知られています。そのため大阪府の医学校のや医専では戦前から戦後に掛けて、京都大学から優秀な講師や教授など呼び医療教育を行ってきました。大阪府の転職事情ですが、ご存知のように大阪府は財政難に苦しんでいます。橋下氏が大阪府の知事になってからも、さまざまな改革を進めてきましたが依然厳しい状況は変わっていません。

夜間や休日の救急医の待遇改善のための救急勤務医手当が新設された時にも、手当の3分の2の分担や補助を大阪府と大阪市は財政難のために補助分を予算に計上できませんでした。この制度の発祥の地である大阪府と大阪市が、財政難を理由に救急勤務医手当の補助分を予算に計上しなかったことは当時かなり話題になりました。

この救急勤務医手当は政府の「5つの安心プラン」の目玉政策として決定されたのですが、その背景には大阪特有の事情がありました。大阪府では2次救急の約9割を民間病院が担当しています。しかし医師不足で2次救急指定を辞退する民間病院が増え、本来であれば重篤患者を担当する3次救急医療機関の負担が増しているのです。

年収アップできる転職に強い!エージェント人気ランキングはコチラ

  サービス名 利用料 勤務形態 オススメ度 詳細
エムスリーキャリア 無料 常勤 ★★★★ 詳細
<<当サイトがお勧めするポイント>>
20万人以上のドクターが登録している「エムスリーキャリア」が安定した人気で1位に!
■長年に渡る独自調査で積み上げた情報は利用者の満足度が高い。希望の転職先が見つかる。


>>>公式申し込みページへ進む

リクルート
ドクターズキャリア
無料 常勤
アルバイト
★★★★★ 詳細
<<当サイトがお勧めするポイント>>
■転職業界で30年ものキャリアを誇るリクルートグループが運営する「リクルートドクターズ
 キャリア」が利用者の支持を受けて2位に。好条件・高額の医師求人を完全サポート!


>>>公式申し込みページへ進む

医師転職ドットコム 無料 常勤
定期非常勤
★★★★ 詳細
<<当サイトがお勧めするポイント>>
■医師転職ドットコムはアインファーマシーズのグループ会社で東証一部上場企業の株式会社
  メディウェルが運営する医師のための転職支援サイトです。上場企業で信頼が厚いです。


>>>公式申し込みページへ進む

  >> ランキングの続きを見てみる(5位まで)


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2017 医師の年収.jp ※転職で年収アップを叶えよう All Rights Reserved.