埼玉県の医師の年収事情と転職事情

埼玉県の医師の年収事情と転職事情

厚生労働省が発表した国勢調査によれば埼玉県の2010年度の「医師の人口10万人対医師数」は 142.6 人と全国で最も最も少ないことが判明しました。ちなみに茨城県が158.0人で46位で、千葉県は164.3 人で45位でした。これを見る限りでは、東京都に近接する都道府県には医師数が少ないことが分かります。しかしなぜ埼玉県の場合は人口10万人対医師数が、これほど少ないのでしょうか?

実は2011年9月に行われた埼玉県の定例会で、菅原文仁議員がこの問題に言及しています。埼玉県の深刻な医師不足を解決するための、短期・中期・長期の3つの提案です。深刻な医師不足を解決するための短期的な提案としては当たり前のことですが、埼玉県内で働く医師の環境を徹底的に良くすることです。実は埼玉県内で働く勤務医の労働環境は、とても劣悪だといわれています。埼玉県の医師会の調査でも、県内で週59時間以上の労働を強いられている勤務医がなんと40%以上もいるのです。

さらに菅原文仁議員は中期的な戦術として、他地域の医科大学に地域枠を拡大することを提案しています。この地域枠とはご存知のように、地域医療を担う医師を確保するために医大に特別な定員枠を設ける制度のことです。しかし埼玉県の地域枠は唯一の医大である埼玉医大の10名だけという、何とも心もとない枠です。この地域枠を埼玉県外の大学にもお願いして,特別地域枠を設けようという考えです。早い話、医学生を他県から獲得するということです。

そして最後の長期的な戦略とは、埼玉県に医大を創出することです。県立医大の創出に掛かるコストの試算はすでに行われていて初期費用が700億円で、ランニングコストがおよそ65億円だそうです。気が長い話です。ただ地元の病院などでは医学生向けの奨学金制度を設けていて、医学部を卒業した後に埼玉県内の病院などの医療機関である一定期間働けば、奨学金制度の返済を全額免除しているところもあります。

また初期研修医に向けて受け入れ先の臨床研修病院で、研修資金の名目で貸与を行い研修後にそのまま埼玉県内の病院で一定期間働けば、医学生と同様に返済を全額免除する制度を設けているところもあります。ただいずれにしても埼玉県は、東京都のベッドタウンとして人口も増え続けています。当然それに伴い、新しい病院も新設されています。今でも医師不足に悩まされている埼玉県です。東京都の医師の転職事情を考えると、埼玉県は医師の求人情報も豊富で狙い目と言えます。

年収アップできる転職に強い!エージェント人気ランキングはコチラ

  サービス名 利用料 勤務形態 オススメ度 詳細
エムスリーキャリア 無料 常勤 ★★★★ 詳細
<<当サイトがお勧めするポイント>>
20万人以上のドクターが登録している「エムスリーキャリア」が安定した人気で1位に!
■長年に渡る独自調査で積み上げた情報は利用者の満足度が高い。希望の転職先が見つかる。


>>>公式申し込みページへ進む

リクルート
ドクターズキャリア
無料 常勤
アルバイト
★★★★★ 詳細
<<当サイトがお勧めするポイント>>
■転職業界で30年ものキャリアを誇るリクルートグループが運営する「リクルートドクターズ
 キャリア」が利用者の支持を受けて2位に。好条件・高額の医師求人を完全サポート!


>>>公式申し込みページへ進む

医師転職ドットコム 無料 常勤
定期非常勤
★★★★ 詳細
<<当サイトがお勧めするポイント>>
■医師転職ドットコムはアインファーマシーズのグループ会社で東証一部上場企業の株式会社
  メディウェルが運営する医師のための転職支援サイトです。上場企業で信頼が厚いです。


>>>公式申し込みページへ進む

  >> ランキングの続きを見てみる(5位まで)


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2017 医師の年収.jp ※転職で年収アップを叶えよう All Rights Reserved.