滋賀県の医師の年収事情と転職事情

滋賀県の医師の年収事情と転職事情

2010年12月31日時点の滋賀県の現役医師数は2,830人ですが、滋賀県の人口10万対医師数は200.57人で全国で35番目で全国平均の218.99人よりかなり少ないと言えます。また全国的には深刻な産婦人科医不足に悩んでいますが、産婦人科医に関しては現役医師数は109人で、人口10万対医師数は15.27人で全国で40番目とこちらもかなり少ないと言えます。産婦人科医師比率は3.65%で全国で30番目です。

愛媛県には滋賀大学に医学部医学科と医学部看護学科があり、さらに大学病院としては滋賀医科大学医学部附属病院があります。滋賀医科大学医学部附属病院でも積極的に、初期研修医と後期研修医の受け入れを行なっています。初期研修はAプログラムと呼ばれる標準型総合研修コースの募集数が44人で、Bプログラムと呼ばれる周産母子研修コースの募集数が4人で、Cプログラムと呼ばれる2年目協力型病院コースの募集数が6人です。

Aプログラムの特徴は研修医にとっては内科や外科の研修は基本なので、重症患者さんの全身管理など医療の基本を学び、2年目の国立滋賀病院ではプライマリ2次医療に重点をおいた研修を行います。またBプログラムの特徴は周産母子・小児科などの希望者にお勧めのコースで、基本的に2年間を大学病院で研修するバランスの良いプログラムです。Cプログラムの特徴は1年目を大学病院内で研修を行い、2年目を協力型病院で研修するプログラムです。

後期レジデントコースの募集数は約50人でコースは各診療科により若干異なりますが、卒後3年目を滋賀医科大学医学部附属病院で研修した後に市中関連病院に1〜2年間出向の後に、再び滋賀医科大学に戻るかまたはさらに別の関連病院に1〜2年間勤務した後に戻るかを選択します。さらにこの後期レジデントの期間中に大学院の社会人入学枠で、勤務しながら学位取得も可能です。多くの他の病院での後期研修期間は長くても3年間ですが、滋賀大学病院では短期間では真の専門医は育たないと考えているようです。

滋賀県の医療事情ですが医師数が少ないだけでなく、厚生労働省の2011年度統計資料によると人口10万人に対しての病院数も4.3施設と、47位の神奈川県の3.8施設の次に少ないことが分かりました。滋賀県でここれを受けて医師会と共にさまざまな対策を行なってきましたが、残念ながらその効果が現れていません。

さて滋賀県の医師の年収事情と転職事情ですが医師に特化した転職サイトを調べてみると、滋賀県の医師の求人案件はだいたいどのサイトも少なく50件前後しか掲載されていません。特徴としてはたとえば救命救急であれば専門医が条件であったり、精神科であれば指定医が求められるなど求人案件に専門医や指定医が求められいる案件が多いことです。

年収アップできる転職に強い!エージェント人気ランキングはコチラ

  サービス名 利用料 勤務形態 オススメ度 詳細
エムスリーキャリア 無料 常勤 ★★★★ 詳細
<<当サイトがお勧めするポイント>>
20万人以上のドクターが登録している「エムスリーキャリア」が安定した人気で1位に!
■長年に渡る独自調査で積み上げた情報は利用者の満足度が高い。希望の転職先が見つかる。


>>>公式申し込みページへ進む

リクルート
ドクターズキャリア
無料 常勤
アルバイト
★★★★★ 詳細
<<当サイトがお勧めするポイント>>
■転職業界で30年ものキャリアを誇るリクルートグループが運営する「リクルートドクターズ
 キャリア」が利用者の支持を受けて2位に。好条件・高額の医師求人を完全サポート!


>>>公式申し込みページへ進む

医師転職ドットコム 無料 常勤
定期非常勤
★★★★ 詳細
<<当サイトがお勧めするポイント>>
■医師転職ドットコムはアインファーマシーズのグループ会社で東証一部上場企業の株式会社
  メディウェルが運営する医師のための転職支援サイトです。上場企業で信頼が厚いです。


>>>公式申し込みページへ進む

  >> ランキングの続きを見てみる(5位まで)


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2017 医師の年収.jp ※転職で年収アップを叶えよう All Rights Reserved.