大学病院の医師の年収

大学病院の医師の年収

平成22年度の医師平均年収はボーナス込みで1,141万円で、平均月収として88万円となっています。 これは、医師全体の平均年収ですから大学病院の医師としての平均年収となると大きく違ってきます。

大学病院の医局勤務の医師であれば、20代後半から30代の後半にかけての平均年収は300万円から600万円ぐらいという数値となっています。 また、その後の給与アップとなれば昇給という道のりを歩まなければいけません。 講師として昇格すれば700万円台、助教授として昇格をすれば800万円台になり、教授にまで昇り詰めたら1000万円代になるのが目安とされています。

果たしてこの数値は高いのでしょうか? 市中病院の勤務の医者の場合なら、スタート時の医師は600〜800万円くらいで、5〜10年後の医師ともなると講師や助教授、教授の平均年収である1,000万円台に手が届くわけです。 民間の勤務医と比べても分かるように、平均年収は圧倒的に差がありますし、不公平さも若干感じるところもあります。

大学病院からの給与で1000万円台にのせるなら、教授になるしかないのです。 教授という名のポストは、誰でも年数を重ねたら自動的になれるものでないので、夢のまた夢といった状況です。 ですから、1000万円ぐらいの平均年収を40代ぐらいに実現させたいと言うような方なら、大学病院の医局医師は避けておきましょう。

大学病院には医局員という非常勤扱いの医師もたくさんいます。 大学からのみの収入だと年間300万円台が一般的でしょう(大学病院からの月当たりの給与は20万円台前半。) また、非常勤医師は日雇い扱いのため、当然ボーナスはありませんし、福利厚生も充実していないところも多くあります。

非常勤医師の医局員は、大学病院だけの収入では生活が困難と判断する方も多い為、アルバイトをする者もたくさんいます。 中には、医局からの命令で活かされることも多く『アルバイトは自分が行きたくていくのではない。』といった声もあがっています。 『経済的な事情で行かざるを得ない状況も否めない…。』という声も多数です。

その割には、大学病院の医局勤務は仕事内容もハードですから、離職するものも多いのが現状です。 診療、講義、学生実習、研究等の仕事量から考えても、今後は国の問題として『大学病院の医師の年収』給与水準を見直す必要があるのではないでしょうか。

しかし、大学病院の仕事内容にはやりがいも十分に備わっています。 もし、大学病院の医局として目指す夢がある方であれば、医師専門の転職エージェント人材紹介会社をご活用ください。 年会費と登録費なども一切無料で、非公開求人観覧から面接アポイント、面接対策などのサービスも一切無料でご利用頂けます。

好待遇な大学病院の医局をお探しでしたら、無料登録を今すぐ行って早速求人情報をお探し下さい。

年収アップできる転職に強い!エージェント人気ランキングはコチラ

  サービス名 利用料 勤務形態 オススメ度 詳細
エムスリーキャリア 無料 常勤 ★★★★ 詳細
<<当サイトがお勧めするポイント>>
20万人以上のドクターが登録している「エムスリーキャリア」が安定した人気で1位に!
■長年に渡る独自調査で積み上げた情報は利用者の満足度が高い。希望の転職先が見つかる。


>>>公式申し込みページへ進む

リクルート
ドクターズキャリア
無料 常勤
アルバイト
★★★★★ 詳細
<<当サイトがお勧めするポイント>>
■転職業界で30年ものキャリアを誇るリクルートグループが運営する「リクルートドクターズ
 キャリア」が利用者の支持を受けて2位に。好条件・高額の医師求人を完全サポート!


>>>公式申し込みページへ進む

医師転職ドットコム 無料 常勤
定期非常勤
★★★★ 詳細
<<当サイトがお勧めするポイント>>
■医師転職ドットコムはアインファーマシーズのグループ会社で東証一部上場企業の株式会社
  メディウェルが運営する医師のための転職支援サイトです。上場企業で信頼が厚いです。


>>>公式申し込みページへ進む

  >> ランキングの続きを見てみる(5位まで)


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2017 医師の年収.jp ※転職で年収アップを叶えよう All Rights Reserved.