医師に英語力は必要?

医師に英語力は必要?

日本では医師になるには医師免許取得後では専門医となる為に英語を通じての知識の習得は絶対的に必要となってきます。 現在では、卒業と同時につけ焼き刃で勉強することが多いです。 これによって、ある程度の英語読解能力だけは備わってくれるものの、英会話となると散々たる結果を招いてしまうありさまです。

一般の方々は意外だと思う結果ですが、現在の日本医師の英語能力は世界水準で見た場合でも相当低いレベルであることが分かっています。 その背景には日本が医療英語教育に力を入れていないことが指摘されています。 例としては、アメリカで医師免許を取得するためのUSMLE試験の合格者数・合格率は,アジアで最低レベルという結果が物語っていますね。

日本の医学英語教育の問題点は3つの原因があります。 1つ目の原因として、基礎学力の欠如が指摘されています。 高校までの英語教育で,医療・健康に関する知識の学習がほとんどなく、現状では不足している状態です。

2つ目の原因として、動機づけの欠如です。 国家試験から英語が一切排除されている為、英語能力をアップさせる場が極端に減っている。

3つ目の原因として人的資源の欠如です。 医学英語教育の専門家のが不足している為、満足いくだけの医学英語教育を行うことが出来ていない。

これらの原因を踏まえて考えると、国全体の対策が必要ですし、医師国家試験でも医療英語を出題の範囲として認めるべきだと思います。 それによって、最低限の英語読解能力は養われるのではないでしょうか?

では、医師として英語能力が日常的に必要となってくる現場と何処なのでしょうか。 医師でありながらも、国際的・学際的ビジネスの世界に従事することができる方法がありました。 それは『製薬企業』への転職です。

実際に、製薬会社として転職を行った場合にどれ程の兵五を使うのかというと、勤務先や配属の部署によって大きく異なると言われていますが、読み書きの3〜4割、会話の2割が医療英語で成り立っています。 外資系であっても、業務上では日本語が交わされていますので、ある程度の英語能力があれば十分だと言えるでしょう。

医師が英語を使う場面として、2つの場面があります。 1.eメールによる外国支社とのやりとり 2.出張で他国訪問、他国のスタッフが日本を訪れた場合のコミュニケーションや、外国人スタッフを交えた会議等

いずれにしても、たまにオンラインの辞書を覗く感じで大半のメールは読むことができますし、日ごろから医療英語に向き合っていたらいつの間にか能力が開花していることもおおいです。 働きながら医療英語力をつけるには製薬企業に転職することをお勧めします。

もし、あなたが製薬企業で思い通りの年収や待遇を手に入れたいとお考えなら、医師専門の人材紹介会社を利用してみませんか?

専任のスタッフがあなたの就職活動を最後まで応援してくれます。 あなたの代わりとなって、面接アポからスケジュールの調整、求人の提案などフルサポートしてくれます。 ご利用を始めるには、簡単な必要事項を記入するだけで大丈夫です。

利用料金も一切かかりませんので、まずは無料登録からはじませんか?

年収アップできる転職に強い!エージェント人気ランキングはコチラ

  サービス名 利用料 勤務形態 オススメ度 詳細
エムスリーキャリア 無料 常勤 ★★★★ 詳細
<<当サイトがお勧めするポイント>>
20万人以上のドクターが登録している「エムスリーキャリア」が安定した人気で1位に!
■長年に渡る独自調査で積み上げた情報は利用者の満足度が高い。希望の転職先が見つかる。


>>>公式申し込みページへ進む

リクルート
ドクターズキャリア
無料 常勤
アルバイト
★★★★★ 詳細
<<当サイトがお勧めするポイント>>
■転職業界で30年ものキャリアを誇るリクルートグループが運営する「リクルートドクターズ
 キャリア」が利用者の支持を受けて2位に。好条件・高額の医師求人を完全サポート!


>>>公式申し込みページへ進む

医師転職ドットコム 無料 常勤
定期非常勤
★★★★ 詳細
<<当サイトがお勧めするポイント>>
■医師転職ドットコムはアインファーマシーズのグループ会社で東証一部上場企業の株式会社
  メディウェルが運営する医師のための転職支援サイトです。上場企業で信頼が厚いです。


>>>公式申し込みページへ進む

  >> ランキングの続きを見てみる(5位まで)


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2015 医師の年収.jp ※転職で年収アップを叶えよう All Rights Reserved.