医学部の学費はどれぐらい?

医学部の学費はどれぐらい?

一般的に『医者になれる人の家計はお金持ちである。』とか『家計がい医師一家でコネがある。』などの妄想意識がありますよね? このサイトをご覧になっているということは、医学部を受験したい方やその保護者だと思います。 実際に医師になるまでにかかる費用は一番気になるところです。

では、医師になる為の費用はどれぐらいかかるのでしょうか?

医学部を受験してから卒業をするまでの間で、必要となってくる費用は学費だけではありません。 願書代金や受験料、テキスト代金、遠方の大学受験であれば旅費代金、入学金、地方出身であれば家賃代や食費、受験を受けるまでの予備校など、卒業までの費用を挙げていけばキリがない状態です。

国立の受験料は、17,000円と一律の料金で、公立や大学も同じぐらいの受験料です。 しかし、私立大学になると35,000円〜60,000円程となり受験料でも2〜4倍ほどの違いが出てきます。

国立大学医学部と私立医学部の入学から卒業までの費用の目安としては、国立大学医学部の場合6年間でかかる学費は、入学金を含むと350万から400万、私立医学部の場合6年間でかかる学費は、入学金を含むと2000万から4000万ほど。 この数値をご覧になって分かるように、保護者の方なら国立の医学部にしてほしいと言いたいところですよね…。

入学金やある程度のお金は用意できるけど、卒業までの資金を渡すことができるのか不安だったり、家庭の経済的事情で医師になるのを諦めている…などのお悩みがある方には『条件つきで学費が無料になる方法』がございます。 それは、受験で自治医科大学や産業医科大学を狙うことです。 自治医科大学や産業医科大学では、在学期間中に学費を借入することができるので、卒業後に医師になってから返済することも可能です。

また、卒業してから9年間という締ばりはありますが、指定された病院での勤務を行う条件であれば学費の全額免除もあるようです。 指定先の病院は離島や地方の病院となりますが、高額の資金を払わずして医師の資格免許を取得できるチャンスですから使わない手は無いと思います。

もうひとつの方法として、防衛医大を受けることです。 防衛医大であれば、授業料などの免除や給料を貰いながら大学で学習することが可能です。 在学中の給与は約10万円が月額で貰えるそうですが、それなりの規律があり厳しい生活ではありますが、諦めかけていた方には朗報ではないでしょうか?

もし、医師として働くめどがついたのであれば、医師専門の人材紹介会社があることも覚えておきましょう。 会員登録で非公開の医師求人情報が閲覧し放題で、様々なサービスや情報を仕入れることができますので、利用しておきましょう。

あなたの就職活動時にはきっとお役に立つことだと思います。 まずは、無料登録からお進みください。

年収アップできる転職に強い!エージェント人気ランキングはコチラ

  サービス名 利用料 勤務形態 オススメ度 詳細
エムスリーキャリア 無料 常勤 ★★★★ 詳細
<<当サイトがお勧めするポイント>>
20万人以上のドクターが登録している「エムスリーキャリア」が安定した人気で1位に!
■長年に渡る独自調査で積み上げた情報は利用者の満足度が高い。希望の転職先が見つかる。


>>>公式申し込みページへ進む

リクルート
ドクターズキャリア
無料 常勤
アルバイト
★★★★★ 詳細
<<当サイトがお勧めするポイント>>
■転職業界で30年ものキャリアを誇るリクルートグループが運営する「リクルートドクターズ
 キャリア」が利用者の支持を受けて2位に。好条件・高額の医師求人を完全サポート!


>>>公式申し込みページへ進む

医師転職ドットコム 無料 常勤
定期非常勤
★★★★ 詳細
<<当サイトがお勧めするポイント>>
■医師転職ドットコムはアインファーマシーズのグループ会社で東証一部上場企業の株式会社
  メディウェルが運営する医師のための転職支援サイトです。上場企業で信頼が厚いです。


>>>公式申し込みページへ進む

  >> ランキングの続きを見てみる(5位まで)


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2015 医師の年収.jp ※転職で年収アップを叶えよう All Rights Reserved.