医師と学位

医師と学位

医師と言うのは、医師国家資格免許をもっていれば研修医として2年間経験を積んだものであれば、診療ができます。 それだけで満足する方で有れば、学位は必要ありません。 医学博士になることによってどのような意味をなすのでしょうか?

学位(医学博士)というのは、医学の進歩にあなたが貢献しているという証だと言われています。 学位を取得するには、医学研究を行う必要性があり、基礎研究でも臨床研究でもかまいません。 医学研究をすることが、学位を取得できる資格を持ち、個人での診療が可能になるという枠では収まらず、我が国日本や、世界の診療レベルを向上させるとして大きく貢献するとされているのです。

また、大学院での研究が充実することで日本にとって重要な対策となるのです。 大学院研究を行うことで、高度専門医学研究の導入部分にあたりますので、高水準の医療を今後もいけることができるかは長期的にもみても、大学院研究の成果と充実にかかってくるそうです。

この学位を取得することは、今後の就職活動において大きく評価される対象となるでしょう。 例ですが、大学病院の医局はもちろんの事、一般病院の勤務医でも医師の採用や昇給などの判断基準として大きなポイントとなってきます。 また、生涯取得給与の違いも顕著に表れるようです。

現状では、学位を取得する方が増えているのでその流れも簡単に説明しておきます。 医学部卒業後は臨床研修を約2年間おこない、将来的なポストを目指す意味でも『学位』を取るために大学へ戻っていく若い医師たちが目立ってきました。 大学で学位取得し、大学になんらかの貢献をしたのち海外留学、帰国後に大学で研究を続けないのであれば、お礼としてそれ相当のポストを大学から与えられるという噂もあります。

ですから、この情報を知っている若い医師たちは目の前の給与よりも、将来的なポストと生涯年収に注目を集めているようです。 しかし、一方では「臨床医と生きていくのであれば、学位は必要ないのでは?」といった声もあるようです。

一人前の医師になるには最低5年の研修期間は必要と言われていますが、卒業後2−3年の不十分な臨床研修の途中で、学位を取るために現場を離れ、その人たちが最終的には臨床医師としてポストを与えられ従事するというのは制度として問題があるようにも思えます。

医師と学位の議題は結果として、本人の将来的なビジョンによると言うことです。 学位を目指すのであれば、取得後の自己実現の為にも、就職先を決めなくてはいけません。 その就職活動を行う際に役立つのが、医師専門の人材紹介会社です。

一人で求人情報を検索しても、自分の条件にあった求人を探すには骨の折れる作業です。 ましては、研修期間中に時間をかけて検索するのもたいへんですから、専任のスタッフに条件を伝えておけば後はお任せで大丈夫です。 面接のアポイントも代わりに行ってくれますから、安心して就職活動を行えますよ。

あなたの就職活動時のライバルにグッと差をつける武器となりますので、人材紹介会社の登録は必須です。 会員登録も簡単に無料で行えますから、今すぐご利用ください。

年収アップできる転職に強い!エージェント人気ランキングはコチラ

  サービス名 利用料 勤務形態 オススメ度 詳細
エムスリーキャリア 無料 常勤 ★★★★ 詳細
<<当サイトがお勧めするポイント>>
20万人以上のドクターが登録している「エムスリーキャリア」が安定した人気で1位に!
■長年に渡る独自調査で積み上げた情報は利用者の満足度が高い。希望の転職先が見つかる。


>>>公式申し込みページへ進む

リクルート
ドクターズキャリア
無料 常勤
アルバイト
★★★★★ 詳細
<<当サイトがお勧めするポイント>>
■転職業界で30年ものキャリアを誇るリクルートグループが運営する「リクルートドクターズ
 キャリア」が利用者の支持を受けて2位に。好条件・高額の医師求人を完全サポート!


>>>公式申し込みページへ進む

医師転職ドットコム 無料 常勤
定期非常勤
★★★★ 詳細
<<当サイトがお勧めするポイント>>
■医師転職ドットコムはアインファーマシーズのグループ会社で東証一部上場企業の株式会社
  メディウェルが運営する医師のための転職支援サイトです。上場企業で信頼が厚いです。


>>>公式申し込みページへ進む

  >> ランキングの続きを見てみる(5位まで)


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2017 医師の年収.jp ※転職で年収アップを叶えよう All Rights Reserved.