医師の仕事は激務…?

医師の仕事は激務…?

医師は、医学に基く傷病の予防、診療および公衆衛生の普及を責務とする医療従事者です。 日本の職業別平均年収ランキングでは、医師が第2位にランクインしていることから、医師を目指す医学生が後を絶ちません。 それほどまで人気の『医師』ですが、現状では私立・県立・国立病院勤務の医師が不足している問題が浮上しているのは皆さんもご存じだと思います。

多くの方の知識として『医師不足による負担で、医師の仕事は激務だ。』といった印象しかありませんが、そのほかにも原因があるのでしょうか? 現在の段階で、医師を取り巻いているあらゆる激務となる環境を洗い出して行く内に、3つの原因が重なり合っていました。

原因1.医師不足と新医師臨床研修制度の関係 もっとも皆様が多く知っている『勤務医不足問題』です。 地方の中小の病院では、産婦人科、外科、小児科などの勤務医が毎年のように不足していると報告されています。 都市部などでは技術の高い民間病院が人気の為、多くの大学病院でも医局が不足している状態です。

2004年から始まった新医師臨床研修制度によって、地方における医師不足のがより一層深刻化してしまいました。 旧制度では、強制的にへき地に医師として派遣されることもあり、批判が相次いでいましたが、地域医療を支える側面もあった為に現在では変る対策がない状態です。 結果として、医師不足を招き激務を生み出しているのです。

原因2.産科・産婦人科と小児科病院の不足 産科・産婦人科と小児科病院の特定診療科の医師不足は、毎日のように報道番組でも特集されるほどです。 一番の原因としては、激務のうえに開業医として目指しても、少子化が目に見えているので新人医師が敬遠しているのが原因です。 また、産婦人科のリスクとして『出産をめぐる医療過誤訴訟の増加』を敬遠も問題視されています。

原因3.医師の過重労働 医師の労働時間は、平均年収の調査によると40.1時間となっていますが、現場では週60〜70時間体制で勤務していることがザラです。 ですから、休憩時間も十分に確保できていない医師が過半数を超えている現状や、睡眠不足や過労による医療事故や過労死が社会的問題となっているのです。

そんな現状から逃げるように、新人医師が一人減ってしまっては残された勤務医でカバーをする結果に…。 この負のスパイラルがずーっと続いている状態ですから、日本の医師不足問題は早急に解決するべきではないでしょうか。

病院側での対策は色々と試しているようですが、ここまでの根深い問題は国全体で取り組む必要があるでしょう。 このままでは、日本の医師は激務のすえに過労死する人が増加するでしょう。 過重労働で自分の身を滅ぼしてしまっては、家族を守っていくことはできません。

そこで、あなたの条件や待遇にあった求人を探してくれる医師専門の人材紹介会社をお勧め致します。 ここでは、非公開求人がたくさん閲覧でき、専任のスタッフがあなたの待遇や条件をヒアリングしたのちに、ピッタリ合った求人だけをピックアップしてくれるので、働きながらの転職活動も楽することが可能です。

利用するには、簡単な必要事項を記入するだけですから、今すぐご登録を。

年収アップできる転職に強い!エージェント人気ランキングはコチラ

  サービス名 利用料 勤務形態 オススメ度 詳細
エムスリーキャリア 無料 常勤 ★★★★ 詳細
<<当サイトがお勧めするポイント>>
20万人以上のドクターが登録している「エムスリーキャリア」が安定した人気で1位に!
■長年に渡る独自調査で積み上げた情報は利用者の満足度が高い。希望の転職先が見つかる。


>>>公式申し込みページへ進む

リクルート
ドクターズキャリア
無料 常勤
アルバイト
★★★★★ 詳細
<<当サイトがお勧めするポイント>>
■転職業界で30年ものキャリアを誇るリクルートグループが運営する「リクルートドクターズ
 キャリア」が利用者の支持を受けて2位に。好条件・高額の医師求人を完全サポート!


>>>公式申し込みページへ進む

医師転職ドットコム 無料 常勤
定期非常勤
★★★★ 詳細
<<当サイトがお勧めするポイント>>
■医師転職ドットコムはアインファーマシーズのグループ会社で東証一部上場企業の株式会社
  メディウェルが運営する医師のための転職支援サイトです。上場企業で信頼が厚いです。


>>>公式申し込みページへ進む

  >> ランキングの続きを見てみる(5位まで)


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2017 医師の年収.jp ※転職で年収アップを叶えよう All Rights Reserved.