非常勤医師の常勤換算

非常勤医師の常勤換算

常勤換算とは、そもそも常勤・非常勤の従事者数を「常勤」に置き換えた場合の人数、及びその換算方法を表す方法とされています。 医療の現場で表していくと、常勤医師1名は、常勤に換算すると1名であり、常勤の50%の時間を勤務する非常勤医師は、常勤換算は0.5名(1名×50%)ということになるのです。 医療・福祉の事業所の運営を定めた省令において、必要とされる資格者の数が常勤換算で定められていることもあるそうです。

本題の非常勤医師の常勤換算ですが、厚生労働省が調査を行ったもので平成15年度『医療施設(動態)調査・病院報告の概況』の中でも、職種別にみた病院の従事者数というもので発表されていた数値を参考にしていきます。 従事者数(常勤換算)によると医師の総数は175,897.3人で、平成14年度に比べ1,636.1人(0.9%)増加しているという結果があります。

内訳としては、142,278人の常勤医師に加えて、非常勤医師を常勤換算して33,619.3人と計算してでた数値結果です。 非常勤医師の常勤換算結果によれば、平成14年度に比べ1,715.1人(5.4%)の増加しています。

非常勤医師の場合は、パートやアルバイト扱いとなりますので、社会保険料や雇用保険料の対応はありません。 病院側には、会保険料の半額負担や確定申告などが必要ないので、雇い入れるメリットは非常に高いでしょう。 本来えあれば、常勤診療で加算される保険点数も、健康保険法により、土日の2日間に投入する当直日直の非常勤医師あれば、常勤換算として扱えますので、保険点数が加算されますので、非常勤医師の募集に力を入れる病院が多いのも納得できますね。

ですが、上記のような方法で非常勤医師に固執して雇用した場合、平日の医師不足は一向に解消することなないのです。 医師の最低人数は、病院のベッド数に応じて定められています。 非常勤医師を常勤換算することで、法律的には表面上こなしている状態をつくることが出来ます。

しかし、実際の労働医師数は遙かに少ないといった病棟が多い為、平日の過重労働を余儀なくされたり、救急外来のたらい回しなどの報道で、社会的にも医師の名誉が傷つくことが多くなっているのです。 非常勤医師の常勤換算によって、表面上の数値だけを合わせているような病院での勤務は、医師のQOLが悪くなっているでしょう。

なので、就職前にはしっかりと職場の状況や雰囲気、待遇や条件を確認しておかなければ痛い目を見ます。 それを未然に防ぐには、医師専門の人材紹介会社を利用することです。

専任のスタッフが現場に足を運んで、職場の状況や雰囲気、待遇や条件までも交渉して求人案件を提案してくれますので、理想通りの職場が見つかるはずです。 利用するには、簡単な必要事項をきにゅうするだけですから今すぐ登録を済ませておきましょう。

年収アップできる転職に強い!エージェント人気ランキングはコチラ

  サービス名 利用料 勤務形態 オススメ度 詳細
エムスリーキャリア 無料 常勤 ★★★★ 詳細
<<当サイトがお勧めするポイント>>
20万人以上のドクターが登録している「エムスリーキャリア」が安定した人気で1位に!
■長年に渡る独自調査で積み上げた情報は利用者の満足度が高い。希望の転職先が見つかる。


>>>公式申し込みページへ進む

リクルート
ドクターズキャリア
無料 常勤
アルバイト
★★★★★ 詳細
<<当サイトがお勧めするポイント>>
■転職業界で30年ものキャリアを誇るリクルートグループが運営する「リクルートドクターズ
 キャリア」が利用者の支持を受けて2位に。好条件・高額の医師求人を完全サポート!


>>>公式申し込みページへ進む

医師転職ドットコム 無料 常勤
定期非常勤
★★★★ 詳細
<<当サイトがお勧めするポイント>>
■医師転職ドットコムはアインファーマシーズのグループ会社で東証一部上場企業の株式会社
  メディウェルが運営する医師のための転職支援サイトです。上場企業で信頼が厚いです。


>>>公式申し込みページへ進む

  >> ランキングの続きを見てみる(5位まで)


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2017 医師の年収.jp ※転職で年収アップを叶えよう All Rights Reserved.