医師不足の原因

医師不足の原因

医師不足は、日本の高齢化社会の大きな不安要素としてニュースや報道番組でも多く取り上げられていますね。 しかし、些細な疑問を抱いたことはないでしょうか?

日本では年間に何千という数の研修医が誕生し、現場で従事しています。 激務の為、辞めていく医師も存在するとは思いますが残る医師の方が多いはずなのに、『市中病院の医師不足ので閉鎖』が相次いでいる。 医局を目指して就職活動をしていたが、倍率が高い為に入れなかった人も溢れているはずだが、その医師たちはどこにいくのか…?

このように、日本を取り巻く医師不足の原因を探っていたら3つの原因が浮上してきました。

原因1.医師と患者の需給バランス問題 医療を必要としている母数が同じであっても、医療機関に行く人が2倍となれば医師の需要は2倍必要となってきます。 小児科であれば些細なことでも病院で対処する家庭が増加傾向にあります。

また、書類仕事や訴訟仕事等の診療時間以外に費やすことが増え、家族などへの説明時間に裂く事によって、患者1人に対する時間が長くなっています。 1人の患者にかかる時間や需要が2倍になると、医師の数も2倍にならなくてはバランスを崩してしまうのです。 日本では医師の供給量を考えられていないのが原因とされています。

原因2.医師のリスク回避 医療行為を行うということは、なんだかのリスクを伴いながら治療を施すのが医師の務めです。 この上手くいかないリスクを背負って従事しているからこそ、日本でも社会的地位のある職種として扱われています。

しかし、昨今ではこのリスクが誤解されている現状があります。 『上手くいかない=医師のミス行為』や『リスクが顕著化=訴訟』と考える患者の家族が誤認しているのです。

社会的なリスクを背負って働く、小児科・産婦人科・外科よりも、健診医師やコンタクト医のようにリスクの低い勤務先もあるわけです。 医師も一人の人間として、社会的なリスクを背負っての従事は避けているのが原因ではないでしょうか。

原因3.医師の派遣システム崩壊 一昔前では、医局という組織が医局員の人事権を采配していたので、所属されている医局員を全国対象に関連病院に派遣するシステムを構築していたのです。 ですが、臨床初期研修が実行されてからは、そのシステムは破壊され効率的かつ公平な人材派遣システムが宙ぶらりんな状態にある為です。 その派遣制度がなくなった地域では、より深刻な医師不足で悩まされている状態が続いているのが原因です。

この医師不足を解消するには、国をあげての政策が必要です。 過重労働で自分の身を滅ぼしてしまっては、家族を守っていくことはできません。

そこで、あなたの条件や待遇にあった求人を探してくれる医師専門の人材紹介会社をお勧め致します。 ここでは、非公開求人がたくさん閲覧でき、専任のスタッフがあなたの待遇や条件をヒアリングしたのちに、ピッタリ合った求人だけをピックアップしてくれるので、働きながらの転職活動も楽することが可能です。

利用するには、簡単な必要事項を記入するだけ。 利用料金も一切不要で、就職するまでのサービスがすべて無料なので、絶対に利用してもらいたいものです。 まずは、無料登録から始めてみましょう。

年収アップできる転職に強い!エージェント人気ランキングはコチラ

  サービス名 利用料 勤務形態 オススメ度 詳細
エムスリーキャリア 無料 常勤 ★★★★ 詳細
<<当サイトがお勧めするポイント>>
20万人以上のドクターが登録している「エムスリーキャリア」が安定した人気で1位に!
■長年に渡る独自調査で積み上げた情報は利用者の満足度が高い。希望の転職先が見つかる。


>>>公式申し込みページへ進む

リクルート
ドクターズキャリア
無料 常勤
アルバイト
★★★★★ 詳細
<<当サイトがお勧めするポイント>>
■転職業界で30年ものキャリアを誇るリクルートグループが運営する「リクルートドクターズ
 キャリア」が利用者の支持を受けて2位に。好条件・高額の医師求人を完全サポート!


>>>公式申し込みページへ進む

医師転職ドットコム 無料 常勤
定期非常勤
★★★★ 詳細
<<当サイトがお勧めするポイント>>
■医師転職ドットコムはアインファーマシーズのグループ会社で東証一部上場企業の株式会社
  メディウェルが運営する医師のための転職支援サイトです。上場企業で信頼が厚いです。


>>>公式申し込みページへ進む

  >> ランキングの続きを見てみる(5位まで)


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2017 医師の年収.jp ※転職で年収アップを叶えよう All Rights Reserved.