開業医の年収

開業医の年収

開業医の年収は、小規模の診療所やクリニックの開業医、また科目別に医院を構えているので年収についてはピンキリとなっております。 開業医全体の年収を平均化してみたら、およそ年商2000〜3000万円ぐらいになるといわれています。 あくまでも年商ですから、年収という意味ではその半分くらいが一般的でしょう。

しかし、この年収金額は開業医の懐にまるまる全部入るわけではありません。 ゼロからの開業となる場合であれば、莫大な資金が必要なのです。

必要な資金例として、中古のレントゲン1代でも数百万円〜数千万円はしますし、医院を構えたり必要な機器を揃えると、開業するだけで1億円もの初期投資をしなければいけなかった例が多数あります。 ですから、開業後は数年間の借入金返済期間となりますので年収は年商の半分ぐらいが目安となりそうです。

開業医の利点としては、自分の考えのもとビジネスを大きく動かすことが出来ることでしょう。 日本という国は、高齢化社会が進んでいるので福祉事業が今後も大きな市場となるんのは分かり切っていることです。 ビジネス例として、医療と福祉の融合としてマンションの下には医療モールを完備し、高齢者の為のナースコールを設置したマンション等のビジネスも展開出来ます。

ですから、医師としての本質をもっておきながら、時代の流れを意識したビジネス展開をすることで事業の拡大が見込めるので、年収の幅は従来以上の可能性を秘めているでしょう。 まずは、開業医として働くにはそれなりの経験や知識が絶対的に必要となります。人生というのは長い道のりですから、若手の医師は信頼おける先輩が働いている病院でしっかりと勉学し、土台となる基礎づくりを行いましょう。 その努力こそが、開業医になったときの年収アップに直接つながるでしょう。

ここで一つ、頭の片隅に入れておいてほしい事があります。 現在の日本では、ハードなスケジュールを強いられる勤務医の体制の為か医師不足が問題となっています。 その為、勤務医を嫌い開業医を目指す若い医師たちが増加傾向にあるのです。このまま開業医が増えてくると、近い将来にも需要と供給のバランスが崩れてしまうので、今までのような開業医の年収として掲示されている金額を稼ぐことは難しくなるでしょう。

まとめますと、開業医を志す場合は『圧倒的なマーケット戦略とビジネスセンス』が必要不可欠ということです。 将来的に開業医を目指す方は、土台作りに欠かせない勤務医での下積み期間がもっとも大切でしょう。 なので、自分が希望している科目や待遇や条件で働ける病院を探すことが第一です。

あなたのお好みの条件で働くには、転職エージェントの人材紹介会社をご利用することをお勧めします。 なぜなら、専門の転職エージェントスタッフがあなたの代わりとなって就職先を探してくれるからです。 会員登録をするには簡単な必要事項を記入するだけでOK。紹介費用なども一切かからず無料ですべてのサービスを受けることができます。

まずは、会員登録から行ってみては如何でしょうか。

年収アップできる転職に強い!エージェント人気ランキングはコチラ

  サービス名 利用料 勤務形態 オススメ度 詳細
エムスリーキャリア 無料 常勤 ★★★★ 詳細
<<当サイトがお勧めするポイント>>
20万人以上のドクターが登録している「エムスリーキャリア」が安定した人気で1位に!
■長年に渡る独自調査で積み上げた情報は利用者の満足度が高い。希望の転職先が見つかる。


>>>公式申し込みページへ進む

リクルート
ドクターズキャリア
無料 常勤
アルバイト
★★★★★ 詳細
<<当サイトがお勧めするポイント>>
■転職業界で30年ものキャリアを誇るリクルートグループが運営する「リクルートドクターズ
 キャリア」が利用者の支持を受けて2位に。好条件・高額の医師求人を完全サポート!


>>>公式申し込みページへ進む

医師転職ドットコム 無料 常勤
定期非常勤
★★★★ 詳細
<<当サイトがお勧めするポイント>>
■医師転職ドットコムはアインファーマシーズのグループ会社で東証一部上場企業の株式会社
  メディウェルが運営する医師のための転職支援サイトです。上場企業で信頼が厚いです。


>>>公式申し込みページへ進む

  >> ランキングの続きを見てみる(5位まで)


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2017 医師の年収.jp ※転職で年収アップを叶えよう All Rights Reserved.