勤務医の年収

勤務医の年収

勤務医は、市民病院や大学病院の医局として働いているお医者さんのことを示します。 医者と聞くだけで『高給与』というイメージですが、実際のところの給与と年収をご紹介します。

人事院からのデータとしては、平均年齢38歳の勤務医の平均月収86万円です。 この数値は恐らく、ボーナス抜きでの試算ですから年収として換算しても勤務医は1千万円を超えております。 一般的に、同年代のサラリーマンの平均月収は40万円という試算ですから、倍近い差がありますので高給与というの間違いありません。

しかし、勤務医の中でも研修医師を終えた後の就労先によっても大きく異なるようです。 大学病院の医局勤務の場合は、30代前半で600万円ぐらいです。 のちに、講師になれば700万円、助教授になれば800万円、教授になれば1000万円と言った具合に昇給するそうです。

市中病院の勤務医であれば、研修医上がりのスタート時で600〜800万円が目安です。 のちに、5〜10年勤務で1,000万円台、部科長クラスになれば1,500万円超、院長クラスになれば2,000万円くらいと大きな差が出ています。

開業医ともなれば年商は一般的に2500万円という調べもありますが、実際のところの自分の手元に入ってくるお金としては1000万円あるかの半分ぐらいと言われています。 また、開業時も膨大な資金が必要となってきますし、経営面やマーケット戦略などの経営的資質が問われます。 ですから、安定的に確実にお金を稼ぐと言った意味では勤務医が良いのかも知れません。

現在の日本では、皆様もご存じのように医師不足が問題となっています。中でも勤務医の数が不足しているのです。 特に、地方の中小総合病院の医師が激減しており産婦人科や外科、小児科の勤務医が全く足りていない状態です。 そのため、一人当たりの仕事量も大変多く当直明けの診察などは想像を絶する超過勤務が普通となっています。

このような勤務体系に耐えかねて、辞めてしまう勤務医も多い為に誰かにシワ寄せがくるという悪循環が後を絶ちません。 病院側もあらゆる人手不足の対策を行っていますが、現状を劇的に変える打開策は見いだせない状態です。

これほどまでの深刻な問題となると、国全体での対策が必要となるのではないでしょうか? 現状では、自分の身は自分で守ることしかできません。 ですから、人手不足で常時募集してる病院で働くのではなく、院内の雰囲気も良く好条件で働ける勤務医先を見つけましょう。

そこで、お勧めしているのは転職エージェントの人材紹介会社を利用することです。 ここでは、希望の条件を提示することで忙しいあなたに代わって、専門のスタッフがピッタリの求人情報を探してくれます。 面接の段取りも行ってくれますので、とっても便利ですよ。

まずは、簡単な無料登録を行ってみましょう。

年収アップできる転職に強い!エージェント人気ランキングはコチラ

  サービス名 利用料 勤務形態 オススメ度 詳細
エムスリーキャリア 無料 常勤 ★★★★ 詳細
<<当サイトがお勧めするポイント>>
20万人以上のドクターが登録している「エムスリーキャリア」が安定した人気で1位に!
■長年に渡る独自調査で積み上げた情報は利用者の満足度が高い。希望の転職先が見つかる。


>>>公式申し込みページへ進む

リクルート
ドクターズキャリア
無料 常勤
アルバイト
★★★★★ 詳細
<<当サイトがお勧めするポイント>>
■転職業界で30年ものキャリアを誇るリクルートグループが運営する「リクルートドクターズ
 キャリア」が利用者の支持を受けて2位に。好条件・高額の医師求人を完全サポート!


>>>公式申し込みページへ進む

医師転職ドットコム 無料 常勤
定期非常勤
★★★★ 詳細
<<当サイトがお勧めするポイント>>
■医師転職ドットコムはアインファーマシーズのグループ会社で東証一部上場企業の株式会社
  メディウェルが運営する医師のための転職支援サイトです。上場企業で信頼が厚いです。


>>>公式申し込みページへ進む

  >> ランキングの続きを見てみる(5位まで)


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2017 医師の年収.jp ※転職で年収アップを叶えよう All Rights Reserved.