医師国家試験の合格率

医師国家試験の合格率

医師という国家資格は、日本でも職業別高給与ランキングで弁護士の第一位の次である、第二位に位置付けている人気の根強い資格です。 医師という遣り甲斐の高い仕事に就く為に、毎年のように8000人以上もの方が医師国家試験を受験しにきます。

あなたも医師を目指す人間として、医師国家試験がどれほどの合格率なのかが気になることだと思います。 最新の医師国家試験の合格者発表を参考にお伝えしていきます。

2011年の3月18日に開催された、第105回医師国家試験(2月12−14日実施)の合格者が発表されました。 この時の受験者数は8611人で、前年度に比べて164人増加となりました。 その内の、7686人が見事合格し(前年度に比べて148人増加)気になる合格率は89.3%という結果になりました。

合格発表の形式は、厚生労働省のウェブサイトや厚労省と全国9か所の厚生局や地方厚生支局で行われていました。 東北地方太平洋沖地震があった年でもありますが、大きな影響はなかったという印象です。

医師国家試験の合格者の男女別内訳として、男性5187人の67.5%と女性2499人の32.5%でした。 男女別の合格率としては、男性が88.0%に対して女性は91.9%となり、女性受験者数に対して今年も合格率は非常に高い水準です。

試験問題の出題傾は例年に比べても大きな変更もなかった印象です。 しかし、合格者達の間では『過去問題の出題傾向からしたら、診断における最後の判断を問う問題が増えていた。』とのことです。 これを聞いて考えられるのは、医療現場で一番求められている思考力の部分を出題するような流れになっており、医学生にも十分な思考能力や判断基準を保ってほしいとう思いが込められているように思えますね。

以上の結果を踏まえてみると、第101〜105回の医師国家試験の合格率は男女別で見ても、男性は86.0%以上女性は91.0%以上という高い水準で推移しています。 しっかりと医学生として学んだことを、総復習して過去問題などをこなしていれば十分合格への道は開けてくるでしょう。

医師国家試験に見事合格した方は、次のステップである研修医期間があります。 また、2年の研修期間が終えると就職活動が待ち構えております。 後悔のない就職先を見つけるのは、質の高い情報を手に入れることです。

もし、就職活動を行う際は医師専門の人材紹介会社を是非利用してください。 簡単な無料登録で、非公開求人はもちろんのこと、好条件な求人を専任のスタッフが見つけ出してくれるので、一人で探すよりも効率的です。 また、面接のアポイントなどもすべてお任せできるのも魅力の一つでしょう。

就職活動を行う際は、医師専門の人材紹介会社を使ってみてください。

年収アップできる転職に強い!エージェント人気ランキングはコチラ

  サービス名 利用料 勤務形態 オススメ度 詳細
エムスリーキャリア 無料 常勤 ★★★★ 詳細
<<当サイトがお勧めするポイント>>
20万人以上のドクターが登録している「エムスリーキャリア」が安定した人気で1位に!
■長年に渡る独自調査で積み上げた情報は利用者の満足度が高い。希望の転職先が見つかる。


>>>公式申し込みページへ進む

リクルート
ドクターズキャリア
無料 常勤
アルバイト
★★★★★ 詳細
<<当サイトがお勧めするポイント>>
■転職業界で30年ものキャリアを誇るリクルートグループが運営する「リクルートドクターズ
 キャリア」が利用者の支持を受けて2位に。好条件・高額の医師求人を完全サポート!


>>>公式申し込みページへ進む

医師転職ドットコム 無料 常勤
定期非常勤
★★★★ 詳細
<<当サイトがお勧めするポイント>>
■医師転職ドットコムはアインファーマシーズのグループ会社で東証一部上場企業の株式会社
  メディウェルが運営する医師のための転職支援サイトです。上場企業で信頼が厚いです。


>>>公式申し込みページへ進む

  >> ランキングの続きを見てみる(5位まで)


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2017 医師の年収.jp ※転職で年収アップを叶えよう All Rights Reserved.