国立病院の医師の年収

国立病院の医師の年収

国立病院で働く勤務医とは、国から認められている国家公務員の扱いとなっています。 一般的な勤務医と比べて、国立病院の医師の給与は多くないという噂もチラホラあります。 実際のところはどうなのかをお伝えしていきます。

国立病院の医師の年収は、国立病院機構の独自給与規定に基づき支給されており、医長以上は業績が給与に反映される年棒制の仕組みとなっています。 年収目安としては、医師が約1,400万円(うち、業績手当約240万円)、それ以降の年棒制で医長は約1,600万円(うち、業績年棒約330万円)、部長では約1,800万円(うち、業績年棒約460万円)、副院長であれば約1850万円(うち、業績年棒約510万円)、院長となると約1,900万円(うち、業績年棒約520万円)となります。

国立病院機構の独自給与規定に基づくと、『年棒=月例年棒+業績年棒(賞与)』となり月例年棒は年額の12分の1ずつを毎月支給する仕組みです。 業績年棒である賞与は、毎年6月と12克の年額の2分の1ずつ年2回支給されます。 医長以上で有れば、個人・病院の業績を業績年棒として繁栄され、最大前年度+20%が基本となるようです。

昇給に関しては、年に1回あり月例年棒の他にも扶養手当などの各種手当が支給されます。 業務によって支給される手当として、医師手当は勤務する地域に応じた額(357,900円〜150,400円)を支給、宿日直手当は勤務1回につき、20,000円を支給、救急呼出待機手当は待機1回につき、5,000円を支給、救急医療体制等確保手当は夜間・休日に救急医療業務に従事した場合に、勤務1回につき18,000〜3,000円を支給し、分娩業務に従事した場合に、1回につき10,000円を支給。

その他にも、役職手当、役職職員特別勤務手当、附加職務手当、特殊業務手当、夜間看護等手当、派遣手当、超過勤務手当、ヘリコプター搭乗救急医療手当等、医療行為に対する手当が手厚くされています。 さらに、生活給手当として扶養手当は配偶者:13,000円、子、父母等:6,500円)16才〜22才の子については、1人につき5,000円を加算して支給、住居手当は〜27,000円支給、通勤手当は自動車等は2,000円〜24,500円で交通機関等を利用の場合55,000円までが支給、単身赴任手当は基礎額23,000円を支給、地域手当は基本給の15%〜18%が支給されます。

結果として、国家公務員として国立病院の医師の給与は民間医師と比べても低くない水準です。 はやり、安定した給与が確保でき、諸手当が手厚いことも魅力の一つです。

国立病院の医師になるには、様々な難関がありますが、それ相応の待遇も得ることができそうです。 もし、国家試験をパスした方で就職先を決める最中であれば、医師専門の人材紹介会社を利用してください。

あなたの条件にピッタリな求人情報を提示してくれますし、面接アポイントやスケジュールの調整も代わりになっておこなってくれます。 忙しいあなたの為に様々なサービスがご用意されていますので、無料登録を行いご利用ください。

年収アップできる転職に強い!エージェント人気ランキングはコチラ

  サービス名 利用料 勤務形態 オススメ度 詳細
エムスリーキャリア 無料 常勤 ★★★★ 詳細
<<当サイトがお勧めするポイント>>
20万人以上のドクターが登録している「エムスリーキャリア」が安定した人気で1位に!
■長年に渡る独自調査で積み上げた情報は利用者の満足度が高い。希望の転職先が見つかる。


>>>公式申し込みページへ進む

リクルート
ドクターズキャリア
無料 常勤
アルバイト
★★★★★ 詳細
<<当サイトがお勧めするポイント>>
■転職業界で30年ものキャリアを誇るリクルートグループが運営する「リクルートドクターズ
 キャリア」が利用者の支持を受けて2位に。好条件・高額の医師求人を完全サポート!


>>>公式申し込みページへ進む

医師転職ドットコム 無料 常勤
定期非常勤
★★★★ 詳細
<<当サイトがお勧めするポイント>>
■医師転職ドットコムはアインファーマシーズのグループ会社で東証一部上場企業の株式会社
  メディウェルが運営する医師のための転職支援サイトです。上場企業で信頼が厚いです。


>>>公式申し込みページへ進む

  >> ランキングの続きを見てみる(5位まで)


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2015 医師の年収.jp ※転職で年収アップを叶えよう All Rights Reserved.