医師年収1000万円の事例は?

医師年収1000万円の事例は?

医師として年収が1000万円を超えるのは、いったい何時ぐらいなのでしょうか?まず医師になるには、大学の医学部を卒業する必要があります。さらにそのご医師の国家試験に合格して、初めて医師になれます。しかし医師になっても2年間は研修医として、病院などの医療機関などで研修することが義務付けれられています。

この2年間の初期研修医の時期の年収は、研修先の病院などの医療機関によっても違いますが平均で300万円前後です。さらに初期研修医の場合はアルバイトが禁止されています。まあ実際には初期研修医の時期には、学ぶことも多く時間的にも精神的にもアルバイトなどする余裕がないのが現実です。

2年間の初期研修が終われば、自分の専門の診療科を決め後期研修医としてさらに3〜5年は指導医の元で学びます。ただ初期研修医とは違い後期研修医は研修医と言っても立派な医師です。後期研修医の年収も、診療科によっても異なります。たとえば外科や麻酔科やさらに産婦人科医などは、他の診療科と比較すると高い年収の求人募集が多いようです。

大学病院や国公立病院などは基本的に公務員扱いなので、国や各都道府県の規定に従った年収ですが、民間の病院は年棒制が多く後期研修医の年収も600〜800万円前後が相場です。もちろん医師が不足している地方などでは、激務な外科医などは後期研修医でも年収が800万円を超える場合があります。ただ後期研修医で、年収が1000万円を超えるケースは稀です。

後期研修医の時期は年齢的にも30代の前半から半ばに掛けてですが、医師として年収が1000万円を超えるのはやはり後期研修医が終わる30代後半になってからでしょう。もちろんそれよりずっと早く年収が1000万円を超える医師も存在しますが、一般的には30代後半と考えたほうがいいでしょう。2010年度の医師の平均年収が1141万円でしたから、この医師の平均年収を超えるのも30代後半から40代にかけてです。

ただ大学病院で働く医師の場合は年収が1000万円を超えるのは、普通は教授になってからですから年齢的には随分あとになります。どうしても大学病院で働く場合は、講師になってから年収でおよそ700万円〜800万円程度です。さらに大学病院の助教授でも、年収は平均800〜900万円程度です。

結論から言えば医師として年収が1000万円を超えるのは、やはり40代になってからのようです。40代の医師の平均年収が約1400〜1500万円なので、年齢的には30代後半から40代がひとつの目安です。ただ医師不足の過疎地や、外科医の場合は30代でも年収が1000万円を超える場合もありえます。

年収アップできる転職に強い!エージェント人気ランキングはコチラ

  サービス名 利用料 勤務形態 オススメ度 詳細
エムスリーキャリア 無料 常勤 ★★★★ 詳細
<<当サイトがお勧めするポイント>>
20万人以上のドクターが登録している「エムスリーキャリア」が安定した人気で1位に!
■長年に渡る独自調査で積み上げた情報は利用者の満足度が高い。希望の転職先が見つかる。


>>>公式申し込みページへ進む

リクルート
ドクターズキャリア
無料 常勤
アルバイト
★★★★★ 詳細
<<当サイトがお勧めするポイント>>
■転職業界で30年ものキャリアを誇るリクルートグループが運営する「リクルートドクターズ
 キャリア」が利用者の支持を受けて2位に。好条件・高額の医師求人を完全サポート!


>>>公式申し込みページへ進む

医師転職ドットコム 無料 常勤
定期非常勤
★★★★ 詳細
<<当サイトがお勧めするポイント>>
■医師転職ドットコムはアインファーマシーズのグループ会社で東証一部上場企業の株式会社
  メディウェルが運営する医師のための転職支援サイトです。上場企業で信頼が厚いです。


>>>公式申し込みページへ進む

  >> ランキングの続きを見てみる(5位まで)


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2017 医師の年収.jp ※転職で年収アップを叶えよう All Rights Reserved.