医師年収2000万円の事例は?

医師年収2000万円の事例は?

医師として年収が2000万円を超えるのが何時ぐらいなのかを考えた場合に、診療科と年齢でもかなり異なってくるようです。まず診療科も外科医や麻酔科医などは他の診療科と比較しても、年収が高いと言えます。ただ日本の場合はアメリカなどとは違い、あまり診療科での年収の差がありません。アメリカの医師の年収は、専門とする診療科による年収の差が明らかにあります。

アメリカの麻酔科医や放射線科医のなかには、年収が1億円を超える医師が存在するなど日本では考えられないような高給です。日本の外科医や麻酔科医などが他の診療科と比べて高いと言っても、年収で1000万円や2000万円も違うことなどはありません。しかし日本の外科医でも手術に関わる医師の場合などは、年収が2000万円を超えることは別に珍しいことではありません。

さらに麻酔科医の場合も、年収が2000万円を超えるケースは少なくありません。麻酔科はもともとは外科医の役割分担だったのですが、高度な医療知識と豊富な臨床経験が求められ、今では厚生労働大臣の麻酔科標榜医許可を取る必要があります。さらに麻酔科医も絶対数が不足していて、特に外科手術には欠くことのできない存在です。そのため麻酔科医の場合は引く手あまたで、多くの病院で麻酔科医の求人情報が見られます。

そのため麻酔科医のアルバイトの相場も8〜10万円と、他の診療科と比較しても割がいいアルバイトと言えます。なかにはフリーの麻酔科医として働くケースも増えていて、年収が2000万円を超える麻酔科医はざらにいます。フリーの麻酔科医のなかには、年収が3,000万円を超える麻酔科医もいるというから驚くです。アメリカほどではなくても、開業医以外で年収が3,000万円を超える例は少ないからです。

次に年齢的に見た場合ですが正直、年収が2000万円を超える医師は少ないと言えます。民間の病院の医院長クラスでやっと、年収が2000万円に届くか届かないかの金額です。年齢的にも50前後でやっと民間の病院の医院長で、大学病院の場合などは仮に教授になれても、年収もせいぜい1,000万円前後です。

ただ外科医の場合は手術前に患者さんの家族から、謝礼金を受け取るケースがあります。もちろんどこの病院でも、謝礼金を受け取るは禁じています。しかし現実的には医師が受け取るアングラマネーは、年間に2000〜3000億円にも上ると言われています。これらのアングラマネーはなかなか表面化しませんが、多額のアングラマネーを受け取っている医師が存在するのも事実です。

年収アップできる転職に強い!エージェント人気ランキングはコチラ

  サービス名 利用料 勤務形態 オススメ度 詳細
エムスリーキャリア 無料 常勤 ★★★★ 詳細
<<当サイトがお勧めするポイント>>
20万人以上のドクターが登録している「エムスリーキャリア」が安定した人気で1位に!
■長年に渡る独自調査で積み上げた情報は利用者の満足度が高い。希望の転職先が見つかる。


>>>公式申し込みページへ進む

リクルート
ドクターズキャリア
無料 常勤
アルバイト
★★★★★ 詳細
<<当サイトがお勧めするポイント>>
■転職業界で30年ものキャリアを誇るリクルートグループが運営する「リクルートドクターズ
 キャリア」が利用者の支持を受けて2位に。好条件・高額の医師求人を完全サポート!


>>>公式申し込みページへ進む

医師転職ドットコム 無料 常勤
定期非常勤
★★★★ 詳細
<<当サイトがお勧めするポイント>>
■医師転職ドットコムはアインファーマシーズのグループ会社で東証一部上場企業の株式会社
  メディウェルが運営する医師のための転職支援サイトです。上場企業で信頼が厚いです。


>>>公式申し込みページへ進む

  >> ランキングの続きを見てみる(5位まで)


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2017 医師の年収.jp ※転職で年収アップを叶えよう All Rights Reserved.