医師で年収が高い(儲かる)科は?

医師で年収が高い(儲かる)科は?

アメリカの場合は医師の年収も診療科によって大きく異なり、外科医・麻酔科医・放射線科医・循環器系内科医などは年収が高い(儲かる)科だと言えます。また日本とは異なり外科手術など、行う医療行為や処置によっても医療費の相場が決まっていて、医師にもその報酬が支払われます。そのため心臓移植など難しいオペを、年に何回か担当するだけで年収が何千万か増えます。

ただアメリカの場合はご存知のように、とても訴訟や裁判が多い国です。そのためアメリカの外科医は、約1,200万円ほどの医師賠償責任保険料を年間に支払っています。日本の医師の医師賠償責任保険の保険料が年間でも約5万円ほどなので、この金額が如何に桁外れかお分かりだと思います。ただアメリカの医師の医師賠償責任保険の保険料がすべて高いのではなく、やはり外科医は特別のようです。

さて日本の医師の年収が高い診療科ですが、アメリカと同様に外科医や麻酔科医などは他の診療科と比較すると明らかに儲かる診療科だと言えます。ただこれも民間の病院などの医療機関で働く、勤務医に限った話です。国立病院や県立病院で働く医師の場合は外科医や麻酔科医であっても、身分はあくまで特別職の国家公務員や地方公務員です。そのため他の診療科の医師と年収に差はありません。

また外科医や麻酔科医の場合は、他の診療科とは少し異なり特殊性があります。手術に関わる外科医のなかには病院から支払われる給与よりも、患者さんの家族から多額の謝礼金が入ってくる外科医もいます。勿論ほとんどの病院では医師などに対する謝礼金等はお断りいたしますと、患者さんやその家族に通達していますが、現実的にはこの謝礼金は横行しています。それもけっして、少なくない金額です。

次に麻酔科医ですが以前に大阪府の市立病院が、年収3500万円の条件で麻酔科医3人の募集を行なって話題になりました。今でも麻酔科医の募集には、破格な年収での求人募集を見かけます。麻酔科医は外科医と同様に、患者さんから訴訟で医療裁判の対象になる可能性が高い診療科のひとつです。また麻酔科医の場合は勤務医常勤ではなく、フリーの麻酔科医として病院を渡り歩き稼いでいる麻酔科医も少なくありません。

フリーの麻酔科医の場合の報酬の相場は、1回で8〜10万円前後だと言われています。特に保険が効かない美容整形などは、単価も高い美味しいアルバイトのようです。日本でも手術に関わる外科医と麻酔科医が、1番稼げる診療科だといえます。

年収アップできる転職に強い!エージェント人気ランキングはコチラ

  サービス名 利用料 勤務形態 オススメ度 詳細
エムスリーキャリア 無料 常勤 ★★★★ 詳細
<<当サイトがお勧めするポイント>>
20万人以上のドクターが登録している「エムスリーキャリア」が安定した人気で1位に!
■長年に渡る独自調査で積み上げた情報は利用者の満足度が高い。希望の転職先が見つかる。


>>>公式申し込みページへ進む

リクルート
ドクターズキャリア
無料 常勤
アルバイト
★★★★★ 詳細
<<当サイトがお勧めするポイント>>
■転職業界で30年ものキャリアを誇るリクルートグループが運営する「リクルートドクターズ
 キャリア」が利用者の支持を受けて2位に。好条件・高額の医師求人を完全サポート!


>>>公式申し込みページへ進む

医師転職ドットコム 無料 常勤
定期非常勤
★★★★ 詳細
<<当サイトがお勧めするポイント>>
■医師転職ドットコムはアインファーマシーズのグループ会社で東証一部上場企業の株式会社
  メディウェルが運営する医師のための転職支援サイトです。上場企業で信頼が厚いです。


>>>公式申し込みページへ進む

  >> ランキングの続きを見てみる(5位まで)


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2017 医師の年収.jp ※転職で年収アップを叶えよう All Rights Reserved.