医師の福利厚生は?

医師の福利厚生は?

福利厚生とは会社や企業が従業員やその家族の生活の健康や生活の福祉を向上させるために、保険・住宅・教育などに支出する賃金以外の諸手当のことです。また会社や企業によっては、社員寮や保養施設などの福利厚生施設があります。ただ一言で福利厚生といってもその内容はさまざまで、病院などの医療機関によっても大きく異なります。また福利厚生には法定福利厚生と法定外福利厚生があります

法定福利厚生とは法律によって病院などの雇用側に義務付けられている、社会保険料の拠出を意味します。具体的には健康保険料・介護保険料・厚生年金保険料・雇用保険料・児童手当拠出金・障害者雇用納付金など労働基準法に基づく災害補償の費用などです。この法定福利厚生に対して法定外福利厚生とは、文字どうり法で定められていない福利厚生のことです。

病院などの医療機関などによっても異なる法定外福利厚生ですが、医師の場合もこの福利厚生の有無によって医師としての給与面にも大きく影響します。どんなに他の職業と比較すると高給と言われている医師ですが、都心の病院などに勤務する際に住宅手当がなければ、給与の3分の1から4分の1がマンションなどの賃料で支出されます。

また女性医師の場合はもし結婚して子供が生まれたりした場合には、医師として仕事を続けるためには託児所が完備しているととても助かります。もし勤務している病院に託児所が完備していないと、幼い子供を抱えて仕事を続けるのは現実的に不可能です。また寮や託児所などの施設以外にも、住宅手当や通勤手当や宿日直手当などは毎月支給される給与に諸手当として含まれ支払われます。一般的にこの諸手当の金額は医師の場合は給与の20〜30%を占めるとも言われています。

さらに医師の場合には診療科によっては一般の会社や企業には存在しないような、特殊勤務手当である医師手当があります。たとえば精神科や放射線科での危険手当などです。精神科の危険手当とはモンスターペイシャントと呼ばれている、医師や看護師に対して暴言や時には暴力を繰り返す患者がいる病院や診療科にある手当です。また放射線を使う診療科などにも、放射線取扱手当や危険手当があります。

危険手当でなくHIVや結核などの治療を行う医師の場合には、感染症手当として支払われる場合もあります。さらに産婦人科には出産に立ち会った医師に出る、分娩手当などもあります。また救急医療機関や外科医などの場合には、休日や自宅にいても何時呼び出しがかかるか分かりません。そのため救急手当や待機手当などもあります。

年収アップできる転職に強い!エージェント人気ランキングはコチラ

  サービス名 利用料 勤務形態 オススメ度 詳細
エムスリーキャリア 無料 常勤 ★★★★ 詳細
<<当サイトがお勧めするポイント>>
20万人以上のドクターが登録している「エムスリーキャリア」が安定した人気で1位に!
■長年に渡る独自調査で積み上げた情報は利用者の満足度が高い。希望の転職先が見つかる。


>>>公式申し込みページへ進む

リクルート
ドクターズキャリア
無料 常勤
アルバイト
★★★★★ 詳細
<<当サイトがお勧めするポイント>>
■転職業界で30年ものキャリアを誇るリクルートグループが運営する「リクルートドクターズ
 キャリア」が利用者の支持を受けて2位に。好条件・高額の医師求人を完全サポート!


>>>公式申し込みページへ進む

医師転職ドットコム 無料 常勤
定期非常勤
★★★★ 詳細
<<当サイトがお勧めするポイント>>
■医師転職ドットコムはアインファーマシーズのグループ会社で東証一部上場企業の株式会社
  メディウェルが運営する医師のための転職支援サイトです。上場企業で信頼が厚いです。


>>>公式申し込みページへ進む

  >> ランキングの続きを見てみる(5位まで)


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2017 医師の年収.jp ※転職で年収アップを叶えよう All Rights Reserved.