外科医の年収の相場は?

外科医の年収の相場は?

外科医の年収の相場ですが、科によって特別に年収が大きく変わることはありません。他の科でもそうですが外科医の場合も、2年間の初期研修医を終えて外科医の後期研修医として働く場合には、大学の医局で働くか民間の病院で働くかの2つの選択肢があります。大学の医局で働く場合の外科医の平均年収ですが、後期研修医の時期の平均年収は400〜600万円ぐらいです。大学の外科医も後期研修医の時期は年収も少なく、基本的にアルバイトなどの副業は禁じられていますが、病院で外来などのアルバイトをして生活費の足しにしているのが現状です。

大学の医局で外科医として働く場合はその後、講師から助教授になり最後に大学教授になるに従って当然年収もアップしていきます。ただ大学の医局の場合は外科医だかと言って特別に年収が高いわけではなく、他の科と同じように講師の場合で平均年収は700万円〜800万円です。助教授で800〜900万円程度で、教授になると平均年収は約1,000万円前後になります。

大学の医局で外科医として働くのに対して、最近初期研修医を終えた若い医師が選択するのが、民間の病院で働くことです。民間の病院で外科医として働く場合ですが、後期研修医の場合で年収は当初500〜600万円程度からスタートします。ただこれも勤務する地域と病院により異なります。特に地方の民間の病院のなかには、深刻な医師不足に悩んでいる病院も少なくありません。特に外科医の場合はいつ急患が来るかわからない上に、自分が担当する患者さん次第では昼も夜もありません。

医師不足のなかでも産婦人科とともに、特に外科医になりたい若い医師が少なく社会問題にもなっています。これは2年間の初期研修医の時期に、現場における外科の過酷な労働環境を知ってしまうからです。これはなにも外科に限ったことではなく、小児科や産婦人科など忙しい診療科を経験した初期研修医たちは後期研修医になる時点で、外科や産婦人科や小児科といった忙しい診療科は避ける傾向があります。

産婦人科や小児科の場合は将来的に日本の少子化が進み、患者が激減し産婦人科医や小児科医の求人がなくなることもその背景にあるようです。一方では外科医の場合は、患者からの訴訟を起こされる可能性があることも不人気の原因のひとつです。ただ民間の病院で働く外科医の平均年収も部科長クラスで1500万円前後で、院長になると2000万円ぐらいの年収になります。

年収アップできる転職に強い!エージェント人気ランキングはコチラ

  サービス名 利用料 勤務形態 オススメ度 詳細
エムスリーキャリア 無料 常勤 ★★★★ 詳細
<<当サイトがお勧めするポイント>>
20万人以上のドクターが登録している「エムスリーキャリア」が安定した人気で1位に!
■長年に渡る独自調査で積み上げた情報は利用者の満足度が高い。希望の転職先が見つかる。


>>>公式申し込みページへ進む

リクルート
ドクターズキャリア
無料 常勤
アルバイト
★★★★★ 詳細
<<当サイトがお勧めするポイント>>
■転職業界で30年ものキャリアを誇るリクルートグループが運営する「リクルートドクターズ
 キャリア」が利用者の支持を受けて2位に。好条件・高額の医師求人を完全サポート!


>>>公式申し込みページへ進む

医師転職ドットコム 無料 常勤
定期非常勤
★★★★ 詳細
<<当サイトがお勧めするポイント>>
■医師転職ドットコムはアインファーマシーズのグループ会社で東証一部上場企業の株式会社
  メディウェルが運営する医師のための転職支援サイトです。上場企業で信頼が厚いです。


>>>公式申し込みページへ進む

  >> ランキングの続きを見てみる(5位まで)


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2017 医師の年収.jp ※転職で年収アップを叶えよう All Rights Reserved.