医師の社会保険は?

医師の社会保険は?

社会保険とは具体的には、医療保険・介護保険・雇用保険・労災保険・年金保険の5つの保険のことです。社会保険は国民が生活する上で、病気・怪我・失業や高齢化で介護が必要になった時などに、生活を保障する相互扶助の保険のことです。この社会保険は19世紀から20世紀にかけて世界中で失業問題が起き、各国で国民の生活を守るために始まりました。さらにそのご世界大戦などで戦死した遺族のために、社会保障制度が発達しました。

世界で初めて社会保険が制定されたのはドイツで、1883年に疾病保険が制定され翌1884年には労災保険、そして1889年には年金保険が制定されました。ドイツで制定された疾病保険は共済組合で行う相互扶助の保険で、現在のような公費負担はありませんでした。さらに翌年に制定された労災保険も全額事業主負担でした。唯一年金保険だけが、国が3分の1負担しました。このドイツでスタートした社会保険の制度は、その後世界各国で導入されました。

今では世界の多くの国で社会保障制度が整備されつつありますが、社会保障の財源確保が各国でも大きな課題になっています。日本でもオイルショック以降は経済が低迷し、税収が減少し社会保障の財源確保が急務となっています。特に日本の場合は少子高齢化が急速に進んでいるため、民主党の野田政権も消費税を上げることでこの問題を乗り切ろうとしています。

さて日本の5つの社会保険ですが、医療保険とは病気や怪我をした時に支払われる保険です。もし勤務医から自分で病院や診療所を開業する時は、住んでいる県の市町村国保か医師国民健康保険に加入する必要があります。医師国民健康保険は住んでいる県の医師会の会員であれが加入できます。それか配合者が加入している健康保険に、被扶養者として加入する方法もあります。

年金保険も勤務医の場合は厚生年金ですが勤務医を辞めた場合は、国民年金に第1号被保険者として加入の手続きを行う必要があります。医師の場合はキャリアアップのために、転職することも特に珍しいことではありません。もし病院などを離職してすぐに新たな勤務先が見つからない場合は、雇用保険で失業保険を受給するための手続きを行います。この社会保険の手続きは、離職や転職の度に行う必要があります。もしこの社会保険の手続きを怠ると、あとで年金未納の月が発覚したりと結構面倒です。

年金に関しては日本医師会が運営している医師年金や、民間保険会社の私的年金などがあります。医師という職業は働こうと思えば、サラリーマンのように特に定年もなく働くことができる職業です。しかし医師とはいえ、いつ病気や怪我をするか分かりません。また高齢で将来に、介護が必要にならないとも限りません。やはり社会保険の手続きや準備は大事なことです。

年収アップできる転職に強い!エージェント人気ランキングはコチラ

  サービス名 利用料 勤務形態 オススメ度 詳細
エムスリーキャリア 無料 常勤 ★★★★ 詳細
<<当サイトがお勧めするポイント>>
20万人以上のドクターが登録している「エムスリーキャリア」が安定した人気で1位に!
■長年に渡る独自調査で積み上げた情報は利用者の満足度が高い。希望の転職先が見つかる。


>>>公式申し込みページへ進む

リクルート
ドクターズキャリア
無料 常勤
アルバイト
★★★★★ 詳細
<<当サイトがお勧めするポイント>>
■転職業界で30年ものキャリアを誇るリクルートグループが運営する「リクルートドクターズ
 キャリア」が利用者の支持を受けて2位に。好条件・高額の医師求人を完全サポート!


>>>公式申し込みページへ進む

医師転職ドットコム 無料 常勤
定期非常勤
★★★★ 詳細
<<当サイトがお勧めするポイント>>
■医師転職ドットコムはアインファーマシーズのグループ会社で東証一部上場企業の株式会社
  メディウェルが運営する医師のための転職支援サイトです。上場企業で信頼が厚いです。


>>>公式申し込みページへ進む

  >> ランキングの続きを見てみる(5位まで)


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2017 医師の年収.jp ※転職で年収アップを叶えよう All Rights Reserved.