後期研修医の年収の相場は?

後期研修医の年収の相場は?

後期研修医とは日本独自の制度で、厳密には医師法で定められている研修制度ではありません。2004年4月1日に新しい臨床研修制度がスタートし、医学部を卒業し医師の国家試験に合格したら、マッチングと呼ばれている方法で研修先の医療機関が決められ、2年間の臨床研修が義務づけられています。この2年間の臨床研修期間中は、初期研修医と呼ばれています。

後期研修医はこの2年間の臨床研修期間を終え、自分の専門の診療科を決めた医師の呼称です。法的には初期研修医も後期研修医も、医師の国家試験に合格しているわけですから立派な医師です。ただ医師の資格を持っていても、一人前の医師になるまでには、普通5〜8年は掛かるとも言われています。初期研修医の臨床研修期間が2年間ですから、一人前の医師になるまでにはあと3年〜5年が必要になるわけです。この3年〜5年間の時期が後期研修医と呼ばれています。

ただ実際には研修医として病院などの医療機関で働くのではなく、常勤勤務医として働く事になります。そのため後期研修医の年収の相場も、勤務する病院や各施設によって異なりますが、大体400万〜800万円くらいの年収です。後期研修医の年収に開きがあるのは、勤務先によって年収が異なるためです。

民間の病院に勤務する場合と違い初期研修医を終え、後期研修医として大学病院の医局に勤務した場合の平均年収は400〜600万円程度です。一方民間の病院に後期研修医として勤務した場合は年俸制での契約であることが多く、地域や各施設によって異なりますが大体600万〜800万円くらいの年収です。なかには後期研修医でも診療科や病院によっては、1000万円前後の年収で募集しているところもあります。

国公立病院で後期研修医として勤務する場合は身分も国家公務員や地方公務員になるので、一般の民間の病院ような年俸制ではなく月給制になります。大学病院などの国公立病院で後期研修医として勤務する場合は、公務員なのでアルバイトは原則できません。それに対して民間の病院に勤務する後期研修医の場合には、初期研修医の時期とは異なりアルバイトが解禁になります。

後期研修医のアルバイトもまちまちですが、常勤のアルバイトでなくてもスポットと呼ばれる非常勤のアルバイトでも、回数にもよりますが月に10〜20万円程度を稼ぐのもそんなに難しいことではありません。そのため後期研修医でも本業以外にも、年に100〜200万円程度の収入が加算されます。それも合算すると700万〜1000万円を超える後期研修医も珍しくはありません

年収アップできる転職に強い!エージェント人気ランキングはコチラ

  サービス名 利用料 勤務形態 オススメ度 詳細
エムスリーキャリア 無料 常勤 ★★★★ 詳細
<<当サイトがお勧めするポイント>>
20万人以上のドクターが登録している「エムスリーキャリア」が安定した人気で1位に!
■長年に渡る独自調査で積み上げた情報は利用者の満足度が高い。希望の転職先が見つかる。


>>>公式申し込みページへ進む

リクルート
ドクターズキャリア
無料 常勤
アルバイト
★★★★★ 詳細
<<当サイトがお勧めするポイント>>
■転職業界で30年ものキャリアを誇るリクルートグループが運営する「リクルートドクターズ
 キャリア」が利用者の支持を受けて2位に。好条件・高額の医師求人を完全サポート!


>>>公式申し込みページへ進む

医師転職ドットコム 無料 常勤
定期非常勤
★★★★ 詳細
<<当サイトがお勧めするポイント>>
■医師転職ドットコムはアインファーマシーズのグループ会社で東証一部上場企業の株式会社
  メディウェルが運営する医師のための転職支援サイトです。上場企業で信頼が厚いです。


>>>公式申し込みページへ進む

  >> ランキングの続きを見てみる(5位まで)


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2017 医師の年収.jp ※転職で年収アップを叶えよう All Rights Reserved.