内科医の年収の相場は?

内科医の年収の相場は?

平成22年に厚生労働省から発表された「賃金構造基本統計調査」によると医師の平均年収は1141万円で、弁護士の1271万円に次いで2位にランクインされました。この医師の平均年収にはボーナスも含まれているので、月収にすると約88万円です。ただ医師の平均年収は平成16年から17年にかけて減少傾向にあり、その後もほぼ横ばい状態が続いています。また同じ医師でも開業医の場合と勤務医では、年収は異なってきます。さらに同じ勤務医でも、市中病院に勤務する医師と大学病院の医局に勤務する医師でも年収は違ってきます。

医師の年収の相場は開業医と勤務医でも異なりますが、医師の場合は初期研修医を終えて、その後に後期研修医として自分の専門科を選択することになります。どの分野を選択するかによって、その後の医師の収入が決まります。医学部を卒業して国家試験に合格したあとの、2年間の初期研修医時期の平均年収は300〜400万円程度です。この初期研修医の2年間は学ぶことも多くアルバイトなどもほとんど無理なので、収入面では1番厳しい時期だと言えます。

2年間の初期研修医時期を終えて後期研修医になり自分の専門の科を選ぶことになりますが、内科医の場合の年収の相場はどれぐらいなのでしょうか?医師免許を取得したばかりの初期研修医の場合は以前は無給に近い状態でしたが、臨床研修の制度が大幅に変更され改善されました。内科医の後期研修医の年収ですが、勤務する地域と病院により大きな格差があります。もちろん後期研修医は初期研修医とは違い立派な一人前の医師なので、普通の内科医となんら変わりません。

民間の病院に内科医として勤務した場合は年俸制での契約であることが多く、後期研修医は最初は600〜800万円くらいの年収です。そのご勤務から5〜10年の内科医の平均年収は1,000万円前後で、部科長クラスの場合で1,500万円前後で院長クラスの平均年収は2,000万円前後です。もちろん民間の病院の場合は、病院によっても平均年収は異なってきます。さらにこの平均年収は勤務している病院の収入だけなので、アルバイトなどの副業の収入は含まれていません。

次に大学病院の医局に進んだ場合の内科医の平均年収ですが、後期研修医の時期の平均年収は400〜600万円くらいで講師になるとおよそ700万円〜800万円程度で、助教授で800〜900万円程度です。さらに教授になるとおよそ1,000万円前後が平均的な大学病院での内科医の年俸です。大学病院の場合は基本的にアルバイトなどの副業は禁じられていますので、民間の病院に勤務した内科医と比較した場合は収入面では少ないと言えます。

年収アップできる転職に強い!エージェント人気ランキングはコチラ

  サービス名 利用料 勤務形態 オススメ度 詳細
エムスリーキャリア 無料 常勤 ★★★★ 詳細
<<当サイトがお勧めするポイント>>
20万人以上のドクターが登録している「エムスリーキャリア」が安定した人気で1位に!
■長年に渡る独自調査で積み上げた情報は利用者の満足度が高い。希望の転職先が見つかる。


>>>公式申し込みページへ進む

リクルート
ドクターズキャリア
無料 常勤
アルバイト
★★★★★ 詳細
<<当サイトがお勧めするポイント>>
■転職業界で30年ものキャリアを誇るリクルートグループが運営する「リクルートドクターズ
 キャリア」が利用者の支持を受けて2位に。好条件・高額の医師求人を完全サポート!


>>>公式申し込みページへ進む

医師転職ドットコム 無料 常勤
定期非常勤
★★★★ 詳細
<<当サイトがお勧めするポイント>>
■医師転職ドットコムはアインファーマシーズのグループ会社で東証一部上場企業の株式会社
  メディウェルが運営する医師のための転職支援サイトです。上場企業で信頼が厚いです。


>>>公式申し込みページへ進む

  >> ランキングの続きを見てみる(5位まで)


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2017 医師の年収.jp ※転職で年収アップを叶えよう All Rights Reserved.