産業医の年収の相場は?

産業医の年収の相場は?

医学部を卒業して無事医師の国家試験にも合格した初期研修医のなかには、これから産業医の資格を取得しようと考えている若い医師も少なくありません。これは実際に医療の現場で医師として働いてみるといつ急患が来るかわからず、休みも満足に取れない外科や産婦人科などでは避ける傾向が最近あるからです。その点産業医であれば給与も高い上に、仕事も比較的楽そうだからと産業医を目指している初期研修医が増えているからです。

別に若い初期研修医の医師が、そう考えるのも不思議はありません。できることならなるべく仕事が楽で給与が高い診療科を選ぶのも、当たり前と言えば当たり前のことです。ただ実際には産業医の年収の相場は、どのくらいなのでしょうか?産業医が給与が高いと思われているのは、ひとつには月1回程度の専任産業医のアルバイトの場合です。会社の従業員数が100〜400名程度の中小企業の産業医で、嘱託産業医と呼ばれています。月1回で時間も2時間程度で、4〜5万円と割が良い仕事です。

労働安全衛生法により一定規模の企業や会社などでは、産業医の選任が義務付けられています。また1000人以上の従業員がいる工場や事業所や、特定の有害業務を行っていて常時500人以上の工場や事業所の場合は、1人以上の産業医を選任しなければならないと定められています。さらに労働安全衛生規則第13条で、常時3000人以上の従業員や労働者がいる工場や事業所では最低2人以上の産業医を選任しなければいけません。

気になる産業医の年収の相場ですが、初期研修医を終えてその後にもし後期研修医として産業医を選び、工場や事業所などで勤務するとすると年収も初年度から800〜900万円程度はあります。この金額は後期研修医として、他の診療科選んだ場合と比べると、とても恵まれた年収だと言えます。普通は後期研修医の場合は、病院によっても異なりますが400〜600万円程度です。それに比べると産業医の年収は高いのは間違いありません。

しかしどこかで仮に産業医の資格を取得し専属産業医として働き始めても、年収が高いのは最初だけですぐに他の診療科を選んだ臨床医に抜かれます。その理由は工場や事業所などに専属産業医として働いても、昇給は思っているほどあがりません。そのため当初の給与こそ良いのですが、30〜40代で他の診療科を選んだ臨床医より少ないというのが現状です。たしかに後期研修医が臨床医として、多忙なのに比べると産業医は仕事としては楽なのは確かです。

年収アップできる転職に強い!エージェント人気ランキングはコチラ

  サービス名 利用料 勤務形態 オススメ度 詳細
エムスリーキャリア 無料 常勤 ★★★★ 詳細
<<当サイトがお勧めするポイント>>
20万人以上のドクターが登録している「エムスリーキャリア」が安定した人気で1位に!
■長年に渡る独自調査で積み上げた情報は利用者の満足度が高い。希望の転職先が見つかる。


>>>公式申し込みページへ進む

リクルート
ドクターズキャリア
無料 常勤
アルバイト
★★★★★ 詳細
<<当サイトがお勧めするポイント>>
■転職業界で30年ものキャリアを誇るリクルートグループが運営する「リクルートドクターズ
 キャリア」が利用者の支持を受けて2位に。好条件・高額の医師求人を完全サポート!


>>>公式申し込みページへ進む

医師転職ドットコム 無料 常勤
定期非常勤
★★★★ 詳細
<<当サイトがお勧めするポイント>>
■医師転職ドットコムはアインファーマシーズのグループ会社で東証一部上場企業の株式会社
  メディウェルが運営する医師のための転職支援サイトです。上場企業で信頼が厚いです。


>>>公式申し込みページへ進む

  >> ランキングの続きを見てみる(5位まで)


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2017 医師の年収.jp ※転職で年収アップを叶えよう All Rights Reserved.