医師の応召義務

医師の応召義務

医師には応召義務か課せられているのをご存じでしょうか? 『応召義務』とは簡単に言うと、保険のきくような医療機関では診察を拒むことが出来ないという法律です。

ですが、実際のところ規定には一種の問題が生じてきていると言われています。 その中でも最も大きな問題となっているのが、救急医療の現場です。

2006年にある県で起きた事件を例として挙げますが、救急患者が10数か所の医療機関から受け入れを拒否され、さらには最後にその患者を受け入れた病院で死亡が確認されたことで、大きくマスコミなどに報道されました。 その患者を受け入れた病院に対する報道を、とても冷淡だったことは鮮明ですよね。

これは、救急患者に『応召義務』で守られているとは言い難い様な事件でした。 今でもこのような事態を招いているわけですから、今後も救急患者の受け入れを拒否する医療機関は増加の一途をたどるでしょう。

では、『応召義務』で守られている患者さんはどのような事情で医療機関に断られ、たらい回しにされているのでしょうか? 「空きベットがない為、医療行為はできません。」「専門医が不足している為、医療行為ができません。」「専門医が現在手術中の為、救急患者さまをお受けすることはできません。」などです。

しかし、一方では救急患者とは呼べないような患者で院内が賑わっているという現実もあります。 多くの患者さまは、自分の不安感を取り除けば医療を受診することはないのです。 夜中の2時ぐらいに電話での相談があり対応し、受診するように返答したが、その後いくら待っていても救急外来として来ることはなかったそうです。

ですから、今の救急外来はほぼ無料相談所となっている状態です。 しかも、電話での対応となると患者さんからの医療費をとることもできません。 このように患者としてのモラルの低さも、医師の応召義務の崩れと関係性があるのではないでしょうか。

もし、あなたが医師として職に就く際には『応召義務』が課せられていること十分理解し、応対体制を十分に取っておく必要性があります。 開業医として従事する場合も同じで、医療行為を行う専門家として市民の命を守る使命感を持って接してください。

勤務医として働く際に、医師の応召義務がしっかりとしている病院で働いておくことが大切でしょう。 将来的な医療現場の鏡のような場所で働けるのなら、人間関係もしっかりとしています。 スキルアップの為にも、職場探しは慎重に行いましょう。

転職活動をお考えでしたら、医師専門の人材紹介会社をお勧め致します。 ここでは、非公開求人がたくさん閲覧でき、専任のスタッフがあなたの待遇や条件をヒアリングしたのちに、ピッタリ合った求人だけをピックアップしてくれるので、働きながらの転職活動も楽することが可能です。

利用するには、簡単な必要事項を記入するだけですから、忙しいあなたにピッタリです。 まずは、無料の会員登録を始めてください。

年収アップできる転職に強い!エージェント人気ランキングはコチラ

  サービス名 利用料 勤務形態 オススメ度 詳細
エムスリーキャリア 無料 常勤 ★★★★ 詳細
<<当サイトがお勧めするポイント>>
20万人以上のドクターが登録している「エムスリーキャリア」が安定した人気で1位に!
■長年に渡る独自調査で積み上げた情報は利用者の満足度が高い。希望の転職先が見つかる。


>>>公式申し込みページへ進む

リクルート
ドクターズキャリア
無料 常勤
アルバイト
★★★★★ 詳細
<<当サイトがお勧めするポイント>>
■転職業界で30年ものキャリアを誇るリクルートグループが運営する「リクルートドクターズ
 キャリア」が利用者の支持を受けて2位に。好条件・高額の医師求人を完全サポート!


>>>公式申し込みページへ進む

医師転職ドットコム 無料 常勤
定期非常勤
★★★★ 詳細
<<当サイトがお勧めするポイント>>
■医師転職ドットコムはアインファーマシーズのグループ会社で東証一部上場企業の株式会社
  メディウェルが運営する医師のための転職支援サイトです。上場企業で信頼が厚いです。


>>>公式申し込みページへ進む

  >> ランキングの続きを見てみる(5位まで)


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2015 医師の年収.jp ※転職で年収アップを叶えよう All Rights Reserved.