医師の守秘義務

医師の守秘義務

医師には、診療の家庭で取得することになる患者や家族の健康や家族関係に関する情報は、患者や家族にとって極めて機密性の高い内容として挙げられています。 医師は患者情報の秘密を守ることによって、医師と患者との間で信頼関係を保つための重要な部分です。 患者情報が今までも守ってきたが、法律でも刑法を通じて患者の秘密やこれを守る医師の立場など、絶妙なバランスで保護しています。

もちろん、同一の医療機関内であれば医療関係者の間では患者情報を共有し医療行為をおこないます。 これに関係した者は決して外部には漏らしてはいけないし、管理者は漏れない為の工夫と対策を立てるべきとなっています。

唯一、守秘義務を免れる場合においては、医師が患者本人や相続人が同意・承諾して、守秘義務を免除した場合。 または、患者・家族の利益を守るよりもさらに高次の社会的・公共的な利益があると判断した際、その開示が法律上義務づけられている時は守秘義務を免れる場合があるようです。

最も難しいな問題として挙げられているのは、ドラマなどでも多く見る場面の『司法警察職員などの捜査対応』です。 事実上様々なことを聞いてくるので、判断基準が難しいのです。 捜査協力が「正当な事由」になる場合もありうるので、一律に拒否、一律に協力という態度がとれません。 司法警察職員などの捜査対応の場合は、質問の内容をしっかりと把握し捜査の必要性との関係などを見極め、軽率な応対は避けましょう。

また、患者および遺族に対する診療情報、診療記録も患者情報として機密性の高い内容ですから、医師の守秘義務が発生します。 しかし、患者が医療情報や診療記録(カルテ)の開示を求めてきた場合は、その限りではありません。 開示の対象が患者自身の情報で、開示の相手方が患者本人である場合であれば、秘密漏示の問題は起こらないとされています。

診療情報、診療記録(カルテ)の開示は、医療をスムーズに運ぶために役立ち、患者や遺族、医師との間の信頼関係にとっても必要なことという判断です。

もし、あなたが医師として職に就く際には『守秘義務』が課せられていること十分理解し、応対体制を十分に取っておく必要性があります。 開業医として従事する場合も同じで、医療行為を行う専門家として市民の命と信頼を守る使命感を持って接してください。

勤務医として働く際に、医師の守秘義務がしっかりとしている病院で働いておくことが大切でしょう。 将来的な医療現場の鏡のような場所で働けるのなら、人間関係もしっかりとしています。 スキルアップの為にも、職場探しは慎重に行いましょう。

転職活動をお考えでしたら、医師専門の人材紹介会社をお勧め致します。 ここでは、非公開求人がたくさん閲覧でき、専任のスタッフがあなたの待遇や条件をヒアリングしたのちに、ピッタリ合った求人だけをピックアップしてくれるので、働きながらの転職活動も楽することが可能です。

利用するには、簡単な必要事項を記入するだけですから、忙しいあなたにピッタリです。 まずは、無料の会員登録を始めてください。

年収アップできる転職に強い!エージェント人気ランキングはコチラ

  サービス名 利用料 勤務形態 オススメ度 詳細
エムスリーキャリア 無料 常勤 ★★★★ 詳細
<<当サイトがお勧めするポイント>>
20万人以上のドクターが登録している「エムスリーキャリア」が安定した人気で1位に!
■長年に渡る独自調査で積み上げた情報は利用者の満足度が高い。希望の転職先が見つかる。


>>>公式申し込みページへ進む

リクルート
ドクターズキャリア
無料 常勤
アルバイト
★★★★★ 詳細
<<当サイトがお勧めするポイント>>
■転職業界で30年ものキャリアを誇るリクルートグループが運営する「リクルートドクターズ
 キャリア」が利用者の支持を受けて2位に。好条件・高額の医師求人を完全サポート!


>>>公式申し込みページへ進む

医師転職ドットコム 無料 常勤
定期非常勤
★★★★ 詳細
<<当サイトがお勧めするポイント>>
■医師転職ドットコムはアインファーマシーズのグループ会社で東証一部上場企業の株式会社
  メディウェルが運営する医師のための転職支援サイトです。上場企業で信頼が厚いです。


>>>公式申し込みページへ進む

  >> ランキングの続きを見てみる(5位まで)


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2015 医師の年収.jp ※転職で年収アップを叶えよう All Rights Reserved.